10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

X-ミッション 

映画鑑賞デー。

エクストリームスポーツをフィーチャーしたアクション映画。

「X-ミッション」――。

内容はツッコミどころ満載でむちゃくちゃだった。

だがアクションシーンは何も考えず、素直に楽しめた。

自分も何かに挑戦したくなるような衝動に駆られるシーンの連続だった。

2017/11/20 Mon. 20:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

魅惑のオレンジスイート 

加湿器と一緒に「アロマオイル」も買ってみた。

実は今回購入した加湿器にはアロマトレーなるものが搭載されており、アロマディフューザーとしても使えるらしいのだ(といってもアロマディフューザーというものがどんなものなのかは知らないのだが……)。

つまりミストと一緒にアロマの香りも部屋に広がるということらしい。

この小さなトレーにアロマオイルを数滴垂らす。

トレーをそのままボディにイン。

これでセット完了である。

とりあえず加湿器を机の上に置いてみた。

ちなみにスイッチを押すとLEDブルーライトが点灯する。

水滴の落ちる音と、ほのかなオレンジスイートの香り、もくもくと部屋を潤すミスト。

なんだかオシャレな雰囲気じゃないか。

リラックスした時間が過ごせそうだ。

これでドライアイが少しでも楽になってくれるといいのだが……。

2017/11/20 Mon. 18:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

しずく型超音波加湿器 

注文していた加湿器が届いた。

正式には「しずく型超音波加湿器」という、ちょっと仰々しい名前が付けられている。

昨年までなら加湿器など必要なかったが、今年はドライアイの症状を緩和するためにやむなく購入した。

2017/11/20 Mon. 17:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

ムコスタとジクアス 

休みを利用して、物資補給のついでに眼科にも立ち寄った。

常用している「ムコスタ」と「ジクアス」という点眼薬がそろそろ切れそうなので、それを処方してもらいに行ったのだ。

この2種類の点眼薬は、今の医学において、もっともドライアイ改善に有効とされているようだ。

「ジクアス」は医師から教えてもらったが、「ムコスタ」に関しては自分でネットで調べた。

9月初旬から使い始めて、もうすぐ3ヵ月になる。

少しずつではあるが、ドライアイが「楽な時間」が増えているような気がする。

ドライアイが根本的に治るかどうかはわからないが、治ると信じてこれからも使い続けるつもりだ――。

2017/11/20 Mon. 16:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

物資補給 

1週間分の物資確保。

年末年始もオリジン弁当+カップ麺。

「うまソース」は1ヵ月で3本目に突入。

2017/11/20 Mon. 15:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

住民の懸念 

2017/11/20 Mon. 10:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

宮古島市陸自工事 

2017/11/20 Mon. 09:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

クロウミガメ展示 

2017/11/20 Mon. 08:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

過去最高の海面水温 

2017/11/19 Sun. 20:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

(日本テレビ系)イッテQ! 

2017/11/19 Sun. 09:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

(7/19)「夏の日の殺人(1)」の巻 

人には誰も「決して忘れることのできない1日」というものがあるに違いない。
2017年7月19日――、それが俺にとって、まさに「その日」となった。
あの日に起きた出来事は、きっと生涯忘れることはないだろう――。

20170719 118 (3)
「その日」は信じられないほどの快晴で、風もまったくなく、海は磨き上げられた鏡のように青い空を映し出していた。
この夏一番のコンディションであることは容易にわかった。
どこのポイントを選択しようとも、最高のシュノーケリングデーになることは約束されていた。

この日のメンバーは、海に関してはお互いに絶大な信頼を寄せ合っているケンケン、そして潜って水中写真を撮るのが好きだという、同じ宿に泊まるA子。
天候、メンバー共に、シュノーケリングするにあたっての不安材料は一切なく、すべてが完璧だった。
あとは、ただ楽しめばいい。

こんな穏やかな海で、万が一にも事故など起こるはずがない。
だが今思えば、この油断こそが悲劇の始まりだった。
この慢心が「あの事件」を引き起こしてしまった最大の要因だったのだ。

今まで500本近く宮古の海で潜ってきた。
当然、何度かかなり危険な目にも遭遇した。
だがそれらはすべて「自己の生命」に関わるものだった。

愛する海で、もし万が一のことが起こっても、それはすべて自己責任。
常にその覚悟を持って海に入っている。
だからこそシュノーケリングする際には、周りから装備が多すぎると揶揄されるくらいに、危機管理には万全を期していた。

そして幸いなことに、今まで一度も事故は起きなかった。
そう、この日までは――。

俺はこの日、人生で初めて――118――つまり海上保安庁へ緊急の電話をかけた。
頭の中は真っ白、顔面は蒼白、カラダも足も手も、あらゆるカラダの器官が自分でも信じられないほど震えていた。
使い慣れているはずの携帯電話の操作もまったく手につかない。

震える指先で、なんとか携帯のキーロックを解除し「1-1-8」をダイヤルする。
一刻も早くこの状況を伝えなければならない。
電話はすぐに通じたが、エントリーしたビーチは、いわゆる「隠れビーチ」だったため、電波状況が悪く、通話はすぐに途切れてしまった。

俺は全身ずぶ濡れのまま運転席に滑り込み、車のエンジンをかける。
毎日運転している車なのに、まるで初めて乗る乗り物のように、発進させる手順すらおぼつかない。
普段なら2~3回で切り返せる駐車スペースも、一体何度ハンドルを切り返したことだろう。

どこに行けば携帯の電波が入るのか、もやはそんな冷静な判断などできる状況ではなかった。
最悪の事態しか思い浮かばず、うまく呼吸すらできなかったことをよく覚えている。
心臓が破裂しそうなほど動悸が激しかったような、それでいて、心臓が止まりそうなほど意識が薄れていたような、とにかく今まで味わったことのない常軌を逸した状態だった。

とにかく電波が入る場所を探して車を発進させた。
一般道に出るまでの道はかなり狭く、両サイドには鋭い棘(とげ)に覆われた硬いアダンの葉が突き出していた。
普段なら車のボディに傷を付けないよう、細心の注意を払って運転する場面だが、この時ばかりは何も考えず、アダンの葉に車をこすりつけながら、とにかく一心不乱に突き進んだ。

一般道に出て数分ほど走ると、一番近くにある駐車場に辿り着いた。
今振り返ると、ここに到着するまでに事故を起こしていてもおかしくなかった。
それほど俺は取り乱し、動揺していた。
駐車場に入ると、車をでたらめな方向のまま停車させ、再び震える指先で「1-1-8」をダイヤルした。

携帯の電波は途切れることなく、やっとまともに繋がった。
極度のパニック状態に陥っている俺を、何とか落ち着かせようと、交換手の方がとても冷静だったことをよく覚えている。
俺は通話を続けながら、車に常備している双眼鏡を取り出し、駐車場の先にある崖の先端まで小走りで移動した。

崖下を覗き込むと、そこには信じられないほど美しいミヤコブルーの海が広がっていた。
残酷な光景だった。自分の置かれている状況とは、あまりにも対称的で平和な世界だったからだ。
夏の太陽を浴びた宮古の海は、皮肉にも、今まで見たどのブルーよりも美しく光り輝いていた。

左手で携帯電話を持ちながら、右手に持った双眼鏡で、眼下に広がる海を舐めるように見た。
海況を確認するために常備している双眼鏡だが、この時の使い道は、今までとはまったく異なる目的のためだった。
どんな些細なことも見逃すまいと、双眼鏡を必死に握りながら、交換手の方との切羽詰まった電話でのやり取りは十数分続いた――。

――つづく――
2017/11/18 Sat. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

甦るマンモス 

――続きを読む――
2017/11/18 Sat. 18:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

(フジテレビ系)ダサいいね!大賞 

「地元のソウルフード!○○○○パン」が「うずまきパン」なのはわかる。

だが「顔がカッコイイ○○」は何だろう……。

そもそも2文字なのだろうか……。

だとすると「宮古島まもる君」ではないよな……。

2文字なら、もしかしたら「カメ」か……?

かなりくだらなそうな予感がするが、とりあえず録画しておこう……。

2017/11/18 Sat. 00:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

謎に包まれた秘祭 

――続きを読む――

2017/11/17 Fri. 20:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

多良間のタコブネ 

2017/11/17 Fri. 09:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

サメの寿命 

――続きを読む――

2017/11/16 Thu. 21:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

イカバリエーション 

「ホッケ」+「とりカツ」+「イカにぎり」=満腹。
2017/11/15 Wed. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

池間のミャークヅツ 

2017/11/15 Wed. 18:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

気になるコジマさん 

「宮古島」に関連する番組がないかネットでチェック。

キーワードボックスに「宮古島」と入力。

すると毎回、必ず「ある人物」がヒットする。

古島清孝――。

誰!!

けっこうたくさんテレビ出てるし!!

2017/11/15 Wed. 18:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

カギンミビーチ 

宮古島にいたら参加したかった……。

2017/11/14 Tue. 20:00 | trackback: -- | comment: -- | edit