09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

#800 「HARU、あの山に…」の巻 

fuji.jpg
なぜか、2~3日前から、やたらに富士山に登りたい衝動に駆られている。
山登りなんてしたことないし、山もそんなに好きってワケでもないのに…。
でも、なぜか、富士山が俺を呼んでいる。
なにかの啓示か?

今まで、遠くから見たことはあっても、おそらく登ったことは、一度もない。
この際、人生の思い出のひとつに登っておくのも悪くないな。

それにしても、普段ののカッコで、どこまで登れるんだろうか?
「教えてgoo!」で聞いてみるか。
5分後には、適切な回答が得られるだろう。



2011/03/30 Wed. 00:20 | trackback: -- | comment: 0edit

#799 「HARU、いちばん怖いもの…」の巻 

3.11の地震以降、まったくもってテンションが上がらない…。
いまだに行方の分からない人や、避難所生活を余儀なくされている人たちのことを思うと、自分が楽しいこと、何不自由なく暮らしていることに、極度の罪悪感を感じる。
テレビで、バカみたいにはしゃいでるやつとか見ると、”こんな人間もいるんだ…”と思い知らされ、さらに悲しく、空しくなって絶望的にテンションが下がる。

「こんなときだからこそ、笑って前向きに生きよう!」って言う人がいるが、俺に言わせれば、「こんなときだからこそ、今までの生活を悔い改め、人生と真摯に向き合おう!」なんだけど。
なんだろう、この世論との考え方のギャップ。

きっと、俺の心がこれほどまでにヤラれてしまっている理由は、震災のショックもあるんだけど、人間の汚さを目の当たりにしたからかもしれない。

買い占め、盗み、詐欺…。そして、こんな状況でも金儲けのことしか考えていない球団関係者…。
この状況下で、本気で東京ドームでナイターをやろうとしてるなんて、愚鈍すぎる。
はたまた、この機に乗じて、高感度を上げたがるタレント、著名人…。
みな、自分の保身、キャリアアップ、金儲けのことしか考えてない、生ける亡者どもだ…。

「自分には歌うことしかできない」だの、「自分にはサッカーをやることしかできない」だのって、なんか、一見、かっこいいこと言ってるように聞こえるけど、暗に、「ほかのことはやりませんよ」ってことでしょ?
みんながみんなその考え方だったら、じゃあ、いったい被災者は誰が救う?
歌や、サッカー以外に、ほかのこともやる努力をしたら?

震災、津波、原発…、そんなものよりも、人間の心がいちばん恐ろしく、醜い。
今の世の中、そして、今後の日本を考えたとき、背筋が冷たくなるような恐怖を感じる。
きっと、今から30年後には、人への思いやりなんて皆無の、殺伐とした荒野のような世界になるのだろうな。
殺伐とした社会だからこそ、ACのCMが必要なんだろう。
本当に、思いやりのある社会なら、「思いやりの必要性」を訴えるCMは流れない。



2011/03/28 Mon. 23:38 | trackback: -- | comment: 0edit

#798 「HARU、善と悪の交差!!」の巻 

先日、みずほ銀行で大規模なシステム障害が起きた。
一説によると、人々が義援金を一斉に振り込んだことが原因らしい。
そして、許容量を超えたシステムがダウン。

すると、その対応策として、停止中のATMにかわり、窓口での臨時支払い(上限10万円)が行われた。
しかし、オンラインシステムが止まっているため、顧客の預金残高を確認できないことをいいことに、不正に、上限額まで引き出す者が現れた。
その被害総額、約2億円。

人々の、”善意”の義援金が引き金となってシステムがダウン。
今度は、それをいいことに、”悪意”ある者が不正に金をだまし取る。

なぜ善意ある者と、悪意ある者が存在するのだろう…。
陰と陽、光と影、そして善と悪。

生まれついてのDNAがそうさせるのか、それとも育った環境に影響されるのか…。
それはきっと永遠にわからないかもしれないが、少なくとも、悪意ある者は、自分の意思で判断・行動できる資質は持っていなさそうだ。



2011/03/26 Sat. 23:46 | trackback: -- | comment: 0edit

#797 「HARU、それはムリだろう…」の巻 

「デマに惑わされないように」
というCMが流れ始めているが、それはどう考えてもムリというものだろう。
その、”情報”が、”デマ”とわからないからこそ、みな惑わされてしまうのだ。
”デマ”とわかっていたら、誰も惑わされないだろう。

俺も、どれが、”デマ”で、どれが、”デマ”じゃないのかは、まったくわからない。
自分で見たことしか信じないが、残念ながら、放射能は見えない。
水に混ざっていても味もない。空気中に漂っていても色もない。触れても感触もない。
だから、報道されている情報を信じるしかない。

つまり、このCMは、
「関係者、及び、報道機関は、国民を惑わすようなデマを流さないように」
とするのが正しいのではないか。

一縷の希望も見えてこないこの現状に、日々、息苦しさを感じる…。



2011/03/26 Sat. 00:04 | trackback: -- | comment: 0edit

#796 「HARU、翻訳2!!」の巻 

(原文)
→この程度の放射線量なら、それほど心配する必要はない。

(翻訳)
→この程度の放射線量でも、ある程度の警戒は必要である。

★節電に協力するため、ショートショート形式でお届けしています★

2011/03/24 Thu. 21:00 | trackback: -- | comment: 0edit