09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

#829 「HARU、底知れぬ海馬!!」の巻 

ふと思い出したことがある。
それは、先日、結婚した新婦の、昔の言葉だ。
あれは、まだ10代後半だったか、20代になったばかりの頃か。

将来子供ができたときに付ける名前は、もう決まっているのだと。
「いったい、どんな名前?」俺はいぶかしげに聞き返す。
すると、彼女は、臆することもなく、満面の笑みをたたえながら、即座にこう答えた。
「<ドモン>と<ダモン>、双子なんだよ」
「…!!」
その言葉に、俺がどう反応したのかは、今となってはハッキリと覚えてはいないが、おそらく好奇の目を向けてたことは確かだろう。

そして、さっき、その名前をアルファベット表記で考えてみたら、DOMON(ドモン)はいいとしても、DAMON(ダモン)は、<デーモン>となり、あまり良くないのではないだろうか。
きっと、学校でのあだ名は、<悪魔>になっちまう。
果たして彼女はそのことに気づいているだろうか。いや、ぜひ、気づいてほしい。
そして、せめて、<ガモン我聞>か、<ジモン寺門>か、<アモン亜門>、もしくは、<ピグモン>にしてほしいところである。

それにしても、人の記憶を司るという脳の海馬
忘れてはいけない記憶が思い出せなかったりするのに、なぜ、<ドモン>と<ダモン>という、忘れてもいいようなワードを覚えているのだろうか。
人体の底知れぬ能力に、あらためて気づかされ、驚かされ、考えさせられる出来事となったのである。


2011/05/03 Tue. 23:00 | trackback: -- | comment: 0edit

#828 「HARU、わたみにてアボガドる!!」の巻 

watami.jpg
今日は、十年来の女友達と、<わたみ>にて、久々の再会を果たした。
俺とはひとまわりほど歳が離れているので、妹みたいな存在とでも言うのだろうか。
西城秀樹と河合奈保子のような関係と言えばわかりやすいだろうか?
あるいは、久保田利伸とGWINKO(ギンコ)。
まぁ、それはどうでもいい。

P1670073.jpg
それにしても、この生ビール、ジョッキがキンキンに冷やされてて、薄く氷も張ってやがり、かなりうまかった。

P1670068.jpg
メニューをひと通り見た後、注文を決めた。
梅しそフライと、鉄鍋ギョウザ。

P1670074.jpg
マグロとアボガドのロミロミ。
どうやら、郷ヒロミとは無関係のようだ。

P1670077.jpg
定番、鳥のなんこつ唐揚げ。
残念だが、味付けはイマイチだったと言わさるをえない。

P1670080.jpg
本当にチーズが入っているかどうかは、甚だ疑問だが、チーズチヂミ。
それにしても、靴を脱いでるから、足が冷える。
そんな、決してカラダに優しいとは言えない環境の中、俺達はお互いの激しい感情を、優しくオブラートで包みこむように、冷静に、時には熱く、そして淡々と話し続けた。

chikyuu.jpg
どんな会話を交わしたのかと言えば、社会問題、人生問題、環境問題、家族問題、結婚観、恋愛観…などはもちろんのこと、生きる意味、死の捉え方、個々のアイデンティティーの崩壊、未来へのヴィジョン、日本社会全般におけるモラルの低下、過去への向き合い方、人間の強欲さとエゴからの脱却、エヴェレットの多世界解釈論…、など、話題に尽きることはなかった。
いや、むしろ時間はまるで足りなかったと言えるだろう。

これらの、決して答えの出ない、また、決して正解はない諸問題について、とんとんと話し続けた。
適度なタイミングで、追加の飲み物を注文し、ノドを潤しつつ、気づいたら、時計の針は、4時間も経過していた。
隣のテーブルでは、その諸問題の元凶の一因にもなっているような集団もいたが、そんなことは歯牙にもかけず、ひたすら議論し続けた。

そして、60億分の2人にしか過ぎない俺達が、そんな話しをしてるうちに、奇しくも世界では、<ビン・ラディンが殺害された>というニュースが駆け巡っていたのである…。

サッカー
彼女に、横浜マリノスのサッカーの試合に誘われたので、一緒に行くことにした。
野球観戦なら、かなり行ったが、サッカーの試合は一度も見たことがないので、楽しみでもあり、少し不安でもある。
そもそも、俺が知ってるサッカー選手って、ストイコビッチと、カカ(カカー?)ぐらいであり、もちろん、顔と名前は一致しない。

ff_20110503163212.jpg
それにしても、<横浜・F・マリノス>、<藤子・F・不二雄>、なんだか似てる。

とりあえず、フーリガンに襲われないようにしなくては。
暴動が起きた時には、どうすればいいだろうか。
やはり、発煙筒と、爆竹も必要か。

konohito.jpg
そして、この人物には最大の注意が必要だろう。


2011/05/02 Mon. 23:59 | trackback: -- | comment: 0edit

#827 「HARU、ベロンベロン!!」の巻 

ベロンベロン。
と言っても、特に酒を飲み過ぎたわけでもなく、ましてや、誰かに絡んだわけでもない。

P1660234.jpg
つまり、オークションに出品するため、久々に、楽器を引っ張り出し、

P1660228.jpg
ギターを弾いたり、

P1660534.jpg
ベースを弾いたりしていたら、

P1660529.jpg
ついつい調子に乗って弾き過ぎてしまい、指先が、ベロンベロンに剥けてしまったのだ。
エレキは、細いから、剥ける剥ける。

アコギは1年ほど前に弾いていたけど、エレキはかなり久々。
いつ以来弾いていなかったのか調べてみた。
すると、ノートの最終日付けは、約2年前だった。


2011/05/01 Sun. 18:48 | trackback: -- | comment: 0edit

#826 「HARU、フラッシュフォワード!!」の巻 

P1650464.jpg
フラッシュフォワード」。
また、とんでもないドラマが登場しやがった…。

img100617-002[1]
2009年10月6日、全世界のすべての人間が同時に意識喪失する。
意識を失っていた時間は、”2分17秒”。
その、2分17秒の間に、人々が見たものは、半年後の、”2010年4月29日午後10時”の自分の姿だった。

そのとき見たものを、人々は、”ヴィジョン”と呼んだ。
だが、ヴィジョンを何も見なかった者もいた。
「自分は何も見ていない。これが意味することは一つ。半年後、自分は死んでいる。」

なぜ、2010年4月29日なのか?
なぜ、このブラックアウト現象は起こったのか。
そして、ヴィジョンは現実となるのか。

未来がわかれば、もっと心の平穏が訪れると思っていたのに、実際にはその逆だった。
すべてが、未来のヴィジョンに向って突き進んでいく中、ひとりの捜査官が、”ヴィジョンは変えることができる”ということを証明するために、自らの命を絶った。
その死は、残された人々に、”ヴィジョンは自分の意思で変えることができる”というメッセージを残した。

---------------------------------------------

ちょっと、これは面白すぎるよ…。
未来がわかった人間がどういう行動をとるのか、心境はどのように変化するのか…。
興味深い内容だけに、まったく目をはなすことができない…。
そして、出演者が、またイイ。

des-pic[1]
「LOST」のペニーが、

img-olivia[1]
オリヴィア役で。

images[26]
「LOST」のチャーリーが、

img_620335_17611863_1[1]
量子物理学者?のサイモン役で、それぞれ出ている。


2011/04/30 Sat. 21:00 | trackback: -- | comment: 0edit

#825 「HARU、ユッキーナのルーツ!!」の巻 

ライダー怪人 (1)
部屋の整理をしていたら、子供のころに集めていた、「仮面ライダー」のカードブックが出てきた。
なつかしくって、ペラペラとめくっていたら、怪人のネーミングがあまりにも斬新で…。

ライダー怪人 (2)
最初は、「カマキリ男」とか、

ライダー怪人 (4)
「コブラ男」とか、

ライダー怪人 (6)
「ムカデラス」とか、まぁまぁシンプルなネーミングだったんだけど、

ライダー怪人 (7)
「クラゲダール」や、

ライダー怪人 (8)
「イソギンチャック」、

ライダー怪人 (10)
「バラランガ」などのように、少しヒネリが入ってくる。

ライダー怪人 (12)
そして、「イソギンジャガー」、

ライダー怪人 (13)
「ウツボガメス」など、2種類の生物をドッキングさせたネーミングが主流になってくるのだが、

ライダー怪人 (15)
「テレビバエ」。テ、テレビバエ?!
よく見ると、鼻(口?)の部分がチャンネルになってる。
ワケがわからなすぎて、怖ぇ…。

ライダー怪人 (16)
そして、「ガマボイラー」など、生物とモノの融合が増えてくる。
それにしても、コイツの胴体、カタそうだな…。

ライダー怪人 (17)
ここで、制作者サイドから、視聴者への挑戦状が届く。
「ウォーターガン・トド」。
”ウォーターガン”は、めっちゃカッコいいのに、その後ろが、”トド”。
すげーな、これ考えた人。

ライダー怪人 (18)
そして、なんか少しおかしくなってくる。
「ヒーターゼミ」。
ヒ、ヒーターゼミ?!なんだか、とっても暑そうですね!!

ライダー怪人 (19)
やがて、ユッキーナのルーツにたどり着く。
「ザリガーナ」。

ライダー怪人 (20)
「ヘラクレス」。
これは、絶対に名前まちがってると思うんだけど…。
どう見ても、「ナマハゲラ」でしょ?
「悪ぃ子はいねぇがぁ~?!」って。

ライダー怪人 (21)
20世紀に舞い降りた奇跡!!「ガマゴエモン」!!
すごすぎる…。他の追従をいっさい許さねぇ…。
しかも、おどけたポーズがチョーかわいいし!!

ライダー怪人 (22)
「カブトムシルパン」。
昆虫なんだか、怪盗なんだか、ワケわからん…。
いったい、どんな攻撃を仕掛けやがるんだ?!

ライダー怪人 (23)
不可能の文字がないのは本当だったんですね!!
まさかの組合せ、「クモナポレオン」!!
なぜ、ナポレオンを選んだ?!ってか、このポーズ、まさにナポレオン!!

ライダー怪人 (24)
ウソでしょ?!まさかの、禁断の!!「アリカポネ」!!
しかも、胸には、「シカゴ」って書いてあるし!!イカス…!!
子供のころは、まったく気づかなかったけど、かなりふざけてますね!!

ライダー怪人 (25)
怖ぇよ、こいつ、「ムカデヨウキヒ」。
まったく、”楊貴妃”のおもかげがないんですが!!
ほぼ、9割はムカデだよね。
あえて聞こう、どの部分が、”楊貴妃”なのかと!!

ライダー怪人 (26)
なんだか、「ヘビ獣人」が、フツーに見えてきた。

ライダー怪人 (27)
「ブラックサタン大首領」。
うわ~、絶対に抱きしめられたくねぇ!!
上司にしたくない人ナンバーワン!!
こんなのが渋谷に出没したら、その日のトップニュース間違いなし!!

ライダー怪人 (11)
そして、今日の俺のイチオシは、この方!!
「地獄大使」!!
こんなのが大使館にいたら、命に関わるような事態でも、絶対に行きたくねぇ!!


2011/04/28 Thu. 20:13 | trackback: -- | comment: 0edit