04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

#930 「HARU、さようなら竹脇無我さん…」の巻 

P1080343.jpg
運命の残酷なシナリオが、またひとりの天才を飲みこんでいった…。
昨日、竹脇無我さんが亡くなった。
主役級の「名脇役」だった。

img291.jpg
「大岡越前」では、加藤剛演じる大岡の親友・榊原伊織として最高の演技を見せてくれた。
とても強い信頼でお互いを支えていた。なくてはならない大きな存在だった。

つらいなぁ…。もう二度とTVの中で見ることはできないんだなぁ…。
あんな素晴らしい俳優さんはもう二度と出てこない。

無我さん、今まで数々の時代劇で楽しませてくれてどうもありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。


2011/08/23 Tue. 23:55 | trackback: -- | comment: 0edit

#929 「HARU、THE・解体ショー!!」 

P1080308.jpg
180×60×30cmの大型の黒いカラーボックス。
今日はコイツを解体した。

P1080310.jpg
部屋にあるモノを見たときに抱く、今の俺の思考回路は、「これをどうやって収納するかなぁ…」ではなく、「どうやったらこれを処分できるかなぁ…」だ。
とにかく「不要」なモノ捨てる。「不要かなぁ…」と思ったモノ捨てる
気づけば、部屋の中がかなりスッキリしてきた。
部屋の中がスッキリするのに比例して、ココロとカラダもスッキリしてきた。
今になって思えば、「モノ」の数だけ何かに束縛されていたように思う。


2011/08/22 Mon. 23:00 | trackback: -- | comment: 0edit

#928 「HARU、見たことあるんかい!!」の巻 

「表現の自由」に異を唱えるつもりなど毛頭ない。
ましてや、身勝手な言いがかりをつけるつもりもまったくない。
しかしどうしても突っ込まずにはいられないのだ。

テレビを見ていてときどき使われる表現。
今日もその表現を公共の電波に乗せてタレ流していた。

mehi.jpg
MC「いや~、驚きました!!ダンスが始まった瞬間、表情が一変して、
女豹(メヒョウ)のような表情 になりましたね~!!」


って、あんた”女豹”見たことあるんかい!!


今まで結構生きてきたけど、俺はいまだに”女豹”を見たことがない。
ちなみに”男豹(ダンヒョウ)”もいるのだろうか。
もしどこかで”女豹”を目撃した人がいれば、ぜひ報告してほしい。


2011/08/21 Sun. 22:00 | trackback: -- | comment: 0edit

#927 「HARU、ハイスピードスキャナー・GT-X820!!」の巻 

P1080148.jpg
注文していた商品がようやく入荷した。
EPSONのハイスピードスキャナー「GT-X820」。
もう「GT-X」っていう響きだけで相当速いね。

理論上の測定値では、通常のスキャナーの約2倍のスピードでデータを取り込めるらしい。
もうひとつの魅力は、付属のソフトで、原稿台より大きなサイズの原稿を複数回スキャンし、それをパソコンで合成。
大きいサイズの原稿を「1枚」のイメージデータとして保存できるのだ。

そして、コレを買った理由はただひとつ。
過去のプリント写真の大量取り込みと、小・中学校のときの絵、作文、習字など、大きなサイズの原稿の取り込み。
できれば、特にガザばる「卒業アルバム」なども取り込みたいと考えている。
そして、データ化が終わったら、原稿はすべて処分したい。(処分しないとスキャナーを買った意味がない)
思い出たち」をどうしても思いきって捨てることができないので、パソコンでデータ化して保存することに決めたのだ。

他人にはまったく価値がなく、誰に見せるわけでもなく、自分でも10年に1度見るかどうかもわからない、「卒業アルバム」や、大量の「小・中学校の思い出の写真」などは「完全なゴミ」だし、それを、これから死ぬまで持っているのはあまり素敵なこととは言えない。
しかし捨てることのできない自分も確かにいる。

あえて、引越しの直前に買った理由は、引越しするときには「モノ」とともに、「過去の思い出」も綺麗に清算しておきたかったから。
さぁ、明日から活躍してもらおうか、GT-X820。


2011/08/20 Sat. 23:00 | trackback: -- | comment: 0edit

#926 「HARU、よっ、江戸っ子だね!!」の巻 

P1080100.jpg
行きつけの100円ローソン。
いつも元気でハキハキしている中国人の女の子の店員がいる。
しかし、日本語が微妙におかしい。

買い物かごをレジカウンターに置くと、元気よくあいさつ。
「イ、イラッシャアアセー!!」
よっ、ちゃきちゃきの江戸っ子だね!!

会計が終わると、また元気よくあいさつ。
「ド、ドモ、アリガトザンシタァー!!」
「ザンシタ」って何だろう?と思いつつレジをあとにする。

ちなみに、レシートをもらおうとすると、こっちが問いかける前に、
すでにもうゴミ箱に捨てている。
は、早っ!!最初っからくれる気ないんですね!!

しかし、いつもすごい頑張っているし、とても感じのいい子だから、決して憎めないのだ。
”感じがいい”と言えば、先日、横浜高島屋で前代未聞の親切すぎる店員さんがいた。
その話はまたの機会に…。


2011/08/18 Thu. 22:23 | trackback: -- | comment: 0edit