09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

#980 「HARU、読書の秋!!」の巻 

P1130606.jpg
新居4日目。
特に大きな進展はないが、細かいところでかなりのマイナーチェンジをしているのだ。

P1130627.jpg
久々に夕景の写真を撮る心の余裕ができた。
突然、の訪れを告げるような寒さだったから、用のアウターを着用してバイクに乗った。
つい4日前の日曜日には真夏のような暑さだったのに、この急激な気温の変化はなんなのだろう。

P1130641.jpg
本を読む余裕なんてまだ全然ないのに、なんとなく文庫本を3冊も買ってしまった。
2冊は俺の敬愛する星新一氏。
もう1冊は東野圭吾。パラっと読んだら面白そうな内容だった。
早く、ゆっくりと読む時間がほしい。


2011/10/19 Wed. 23:00 | trackback: -- | comment: 0edit

#979 「HARU、玄関開けたら!!」の巻 

P1130558.jpg
新居3日目。
「一進一退の攻防」、まさにそんな言葉がふさわしい。
日々モノたちと格闘している今の俺は、まさにモノ・マガジン!!
激しい攻防の末にたどりついた、玄関・下駄箱周囲の戦果を見てほしい。
息苦しくなるほどの果てしない妥協 をして、不本意ではあるが電子レンジ下駄箱の上に置くことにした。
長い人生の中でも、これほどのはずかしめを受けたことはない。

「玄関開けたら2分でゴハン」というフレーズのCMがあったが、俺はその上をいく。
玄関開けたら2秒でチン!!
そのまま冷蔵庫から麦茶を取り出しテーブルに載せれば、帰宅後わずか20秒足らずで夕食の準備完了。
その間の歩数、わずか7歩!!


2011/10/18 Tue. 23:50 | trackback: -- | comment: 0edit

#978 「HARU、現実逃避のプリズン!!」の巻 

P1130494.jpg
新居2日目。
チェストを見にホームセンターへ行った。
なんとまぁ種類の多いこと。
本当なら喜ぶべきことかもしれないが、俺にとって種類が多いということは、悩む時間も多くなるということなのだ。

P1130528.jpg
夕食は午後10時過ぎになってしまった。
久々に大戸屋へ行ってみた。
ここの「鶏かつソース丼と板そば」のセットは安いし、うまいしで、まったく文句のつけようがない。
ごはんも無料で大盛りにしてくれるのでサイフにも優しい。

P1130490.jpg
帰りにローソンへ寄ったら「カフェラテ」の新製品を発見。
「カロリーライト」という名前だったが、お味のほうも見事に「ライト」だった。
やはり「カフェラテ・オリジナル」に勝る製品はもう出てこないのだな。

P1130484_20111019002516.jpg
部屋の片づけから現実逃避するように、「プリズン・ブレイク」を見始めた。
20インチのアナログテレビの小画面のせいか、やることが山ほどあるのに後廻しにしているせいかはわからないが、まったく物語にのめり込めない。
やはり先に部屋の片づけをしなければ。


2011/10/17 Mon. 23:50 | trackback: -- | comment: 0edit

#977 「HARU、新居1日目に決意したこと!!」の巻 

P1130418.jpg
昨日の夜は最悪だった。
午前2時ごろに就寝したのだが、本来の向きとは逆の向きにベッドを設置したため、足がヘッドレストにつっかえてしまいそれが気になりまるで寝つけず。
やむなくカラダを反転させ本来の正しい向きに寝なおした。
ところが、正面にあるインターホンの緑色のランプが眩しく光り続けているため、今度はそれが気になり、やはり眠れず。

結局、仕方なくフローリングの上で寝た。
アホだ…。

P1130431.jpg
そして新居1日目の朝。
昨夜はすべてやりっぱなしで寝たためこんなカオスな状態。

P1130468.jpg
そして新居1日目の夜。
1日中ひたすら片づけ続けて、ようやくここまでたどり着いた。
俺のありとあらゆる掃除ノウハウ、掃除ポテンシャル、レイアウト構造知識などをすべて総動員した。
ちなみに、ベッドは3回目の解体・組立作業になった。
本当にいい加減にしてほしい。
もう二度とベッドには関わりたくない。

そして初日を終えて俺が感じたことは、
1日も早くここから引越したい!!
という、とてつもない壮大な決意だった。

こんな狭い部屋ガマンできない。
部屋はまだいいとしても、あのユニットバスの狭さには耐えきれない。
ちなみにテレビを32インチにするか40インチにするかで迷っていた俺だが、愚鈍な悩みだった。
とてもじゃないが、40インチなど置けるワケがなかった。


2011/10/16 Sun. 23:00 | trackback: -- | comment: 0edit

#976 「HARU、最後の日!!」の巻 

P1130298.jpg
2011年10月15日(土)
天気:くもり時々雨
気温:24度
ついにこの日が来た。
いよいよ16年間暮らした家を退去する日だ。

P1130303.jpg
朝から掃除、片づけに追われる中、隣室のおばさんがカレーをご馳走してくれた。
そんなに優しくされると泣きそうになる。
涙をこらえながら食べたカレーはちょぴりセンチメンタルな味がした。
実際にはチキンカレーなのだが。

P1130311.jpg
最終日にもかかわらず、まだけっこう荷物がある。
そんな中、なんとジョニー夫妻が忙しいスケジュールの合間をぬって、またも応援に駆けつけてくれた。
昨日は深夜まで、台車で6~7往復していた俺のカラダはもうすでにボロボロだったので、この日の応援は、まさに「地獄にジョニー」だった。

P1130375.jpg
そんなこんなで、怒涛の最終も午後10時過ぎごろに、ようやく撤収作業がすべてが終了。
この時点で俺を支えているものは、もはや「気力」のみだった。
壁の支えなしでは立っているのもキツイほど、俺は疲労困ぱいしていた。

P1130385.jpg
夕食は、チャーハンとにんにくたっぷりのタンタン麺。
気休めでも栄養を摂らねば。

P1130379.jpg
新居に戻ると、部屋の中はぐっちゃぐちゃ。

P1130383.jpg
ユニットバスの中までモノが溢れかえっている。
「片づけは明日にしよう」と思い、とりあえずベッドの上にダウンした瞬間、悪魔のような鈍い記憶がよみがえる。
「あれ…、壁の補修…!!!!」
退去する家の壁の補修をし忘れていたことを思い出した。
俺は老骨にムチ打ち、己を奮い立たせるように立ち上がった。
そして、再び前線基地へ乗り込む戦闘モードへ。

P1130404.jpg
何を持って行っていいか頭が回らず、とりあえずノリとピンセットを持って行き、応急処置を施した。
この時点で、午後11:55。
「ギリギリ」という言葉はまさにこのことを指すためにあるのだろう。

P1130350.jpg
2011年10月15日、午後11時59分。
俺は死んだ。


2011/10/15 Sat. 23:55 | trackback: -- | comment: 0edit