04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

―24時間以内に削除するであろう独り言― 

として誠実行動をしなかったことを、いまひどく後悔している。
そのときに誠実行動を取っていれば、その後の俺の運命は大きく変わっていたかもしれない。
いまのこの瞬間未来もまるで違った景色になっていたかもしれない。

誠実行動しなかったことは、かならずあとになって自分自身に跳ね返ってくる。
誰かに誠実でないということは、つまり自分自身誠実でないということだ。
たった1ヶ月前だろうと、過去に戻ることはできない。

過去へ戻ることができるのならば、やり直したいことは数え切れない。
しかし時間が巻き戻せないからこそ、は常に誠実であるべきなのだ。
不誠実だった自分への罰がいま下されようとしている―。

甘んじて受け入れよう。
自分の不誠実さへの代償を。
覚悟はできた―。


2012/11/29 Thu. 01:05 | trackback: -- | comment: 0edit