04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(5/22)「父の愛情」の巻 

夕方、父に会いに行った。
父に会うのは約2週間ぶりだ。
できれば、週に一度は父の様子を見にいきたいのだが、なかなかそうもいかない。

父は「網膜色素変性症」という目の病を患っている。
視野が徐々に狭くなっていくという、治療方法のない難病だ。
愚痴のひとつもこぼさず、父はその難病を受け入れ、日々戦っている。

そんな父に、俺の今の「目」の状況を話した。
俺が「見た目の悪さ」で悩んでいること、ノイローゼになりそうなこと、生きる気力さえ失いかけていること……。
思っていることをすべて話した。

俺の話しを一通り聞き終えると、父の態度に変化があった。
どこか怒っているように感じた。
そして父は、俺を叱りつけるように、諭すように、笑い飛ばすように言った。

「失明したわけでもないのに、お前はそんなことで悩んでいるのか?もう、なってしまったものは仕方ない。それを受け入れるしかない。世の中にはもっと辛いハンディを背負って生きている人がたくさんいる。見た目が何だっていうんだ。そんなこと、自分が気にしているだけで他人は気にしてない。だからそんなことで悩む必要はないんだ」

俺ははっとした。
いま目の前にいる父。
父の「目」には、こうして話している俺の顔すらもよく見えていない。

そんな病状の中、俺が「見た目の悪さ」を気にしている話を聞かされたら、腹を立てても当然だ。
父にとっては、見た目がどうであろうとも、この世界を見れる目があるだけで、それだけで、もう十分に幸せなことなのだ。
そして俺には「それ」がある。

父の苦しさ、辛さ、目が見えなくなっていくという恐怖を思えば、俺の「目」の見た目など、宇宙の塵(ちり)ほど些細なことだ。
目の病と必死に戦っている父に、そんな話をしてしまった自分の愚かさを責めた。
「見た目」を気にするのは、きっと「中身」がない証拠なのかもしれない。

「人は見た目が9割」などというキーワードを目にすることもある。
だがやはり大切なのは中身だと思う。
仮に、父や母がどんな容姿であったとしても、俺にとって大切な人ということに何の変わりもない。

突然、変わり果てた姿になった右目。
その現実をどうしても受け入れられなかった日々。
だが一歩前進できた気がする。

この「右目」が「自分の個性」として考えられるようになる日が必ず来る――。

そう信じて、残りの人生を全力で生きていこうと思う。
父よ、ありがとう――。
2017/05/22 Mon. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

(5/22)「絶望のフライト」の巻 

20170522 drone (8)
横浜港シンボルタワーでドローンのテスト飛行をしようと思っていたが、風が強すぎたため断念。
ドローンを飛ばすため、別の場所に移動。
ここなら風の影響も少なく、見通しも良いので、ドローンのテスト飛行には最適だ。

20170522 drone (6)
風はそこまで強くなかったが、機体が軽いために、なかなか思うように操縦できない。
そんな中、いきなり木に激突させてしまい、そのまま枝に引っ掛けてしまった。
引っかかった位置は地上から5メートルほどの高さ。

木に登って回収しようにも、引っ掛かっているのが枝先のため、機体に近づくことすらできない。
仕方なく炎天下の中、巨大な公園内に「長い棒」を探す旅に出た。
しばらく歩くと、使われていなさそうなほったて小屋のわきに、おあつらえ向きの「塩化ビニールパイプ」を発見。

長さ3メートルほどの、その古びた灰色のパイプを引きずりながら公園内を練り歩く。
完全に不審者である。
最近は物騒な事件が多いので、もしこの日、公園内でむごたらしい事件が起きていたら、俺は間違いなく容疑者として任意同行を求められていただろう。

20170522 drone (5)
機体の引っ掛かっている木に戻ると、早速、回収作業を開始した。
俺の身長180センチに約3メートルのビニールパイプ。
背伸びをして、ようやくパイプの先端が機体に触れることができた。

20170522 drone (7)
そして無事に回収。
本当に良かった。
よくぞ帰還してくれた、マイドローン。

20170522 drone (2)
なんせ、まだ先月新品で購入したばかり。
たった1ヶ月で失くすわけにはいかない。
そんなことは絶対にあってはならないのだ。

20170522 drone (3)
予備バッテリーだって、先週追加購入したばかり。しかも4個。
だから宮古島に行くまでは、ドローンを失くしたり、壊したりすることは、絶対に厳禁なのだ。
そういう強い意志があるからこそ、炎天下の公園内を人目も気にせずパイプを引きずりながら練り歩くことができたのだ。

20170522 drone (4)
まだ陽は高い。
気を取り直して、ドローンのテスト飛行再開。
さきほどのことを教訓として、今後は気をつけて飛ばそう。

風がだいぶおさまっていたので、高度を上げていく。
動画の撮影も兼ねている。なるべくいい画(え)も撮りたい。
予備バッテリーは4本あるので、少しずつスキルアップしていけばいい。

気のせいか、なんとなくコントロールがうまくいかない。
上空に吹いている風に煽られているせいなのか。
少し怖くなって、高度を下げようとするが、やはりうまくコントロールできない。

機体は俺の意思に反して、どんどん断崖のほうに向かっていく。
おいおい、冗談だろ――。
360度ある中で、なぜよりによってそっちへ行くのだ。

しかしまだコントロール次第では、軌道を変えられる。
操作に集中し、なんとかこちら側へ戻そうと試みる。
だがドローンは、そんな俺をあざ笑うかのように断崖方向へ吸い込まれていく。
もはや完全に制御不能。

その数秒後……。

岩肌に激突――。

フェラーリレッドの機体が断崖に激突した瞬間、まるで美しいスローモーションのようだった。
そのまま岩肌に何回かぶつかりながら崖下に落下した。
モーター音も途切れた。

20170522 drone (1)
ドローンが落下した場所は、池を挟んだ向こう側。
仮に、向こう岸に渡れたとしても、背丈ほどもある木々やブッシュが行く手を阻む。
回収は不可能。もうあきらめるしかない。

高額紙幣がはかなく飛んでいった瞬間だった。

あぁ……。
こんなことなら、ドローンの空撮動画ではなく、ドローンが断崖に激突する瞬間をデジカメで撮影しておけば良かった。
ドローンの空撮動画よりも、よほどそちらのほうが面白かったに違いない。
そしてショックを受けている俺のショットも収めておけば、さらに面白さは倍増していたことだろう。

こうして、俺の約1ヶ月間に渡るドローン生活は、悲しい終わりを告げたのであった――。
2017/05/22 Mon. 15:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

(5/22)「空と海とシンボルタワー」の巻 

20170522 symbol tower (2)
横浜港シンボルタワー。
晴れていたら、今日はここへ来ようと思っていた。
まるで夏のような日差しと青空が俺を出迎えてくれた。

20170522 symbol tower (3)
宮古島の海には遠く及ばないが、久々に見る海はやはり格別だった。
都会の喧騒を忘れられるひととき。
潮の香りが鼻をくすぐる。

20170522 symbol tower (4)
ここには空、海、太陽、風、緑、すべてがある。
潮風に吹かれるのが気持ちいい季節。
海のそばにいると心も落ち着く。

20170522 symbol tower (1)
この海の先には何があるのか。
俺の未来には何があるのか。
何十年生きてきても、未だに明日のことさえわからない。

だからこそ「今日」という日を一生懸命に生きようと思う――。
2017/05/22 Mon. 13:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

(5/21)「愛すべきD」の巻 

20170521 diamantes
池袋サンシャインシティで開催される「沖縄めんそーれフェスタ2017」。
そのイベント期間中の5月30日にディアマンテスがステージに立つらしい。
俺にとっては、とんでもないビックサプライズである。

だが、その日はあいにくの仕事。
急きょ休みの申請は出したものの、申請が通る可能性はかなり低い。
もっと早くに情報が欲しかった……。

20170521 diamantes(2)
そして、にわかには信じられないことだが、夏の宮古島での「オリオンビアフェスト2017」の日程が早々に決まったみたいだ。
2ヶ月以上も前に日程が決まるなんて異例のことが、これで予定が立てやすくなるというものだ。
ちなみに、俺の予想していた日程は見事に的中していた。

まだゲスト陣は決まっていないが、今年こそはディアマンテスの復活に期待したい――。
2017/05/21 Sun. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit

(5/20)「3か5か」の巻 

先日、俺の水中での最強のパートナーである「TG-3」を修理に出した。
その修理見積書が今日届いた。
ほぼ時を同じくして「TG-3」の後継モデル「TG-5」が海外で正式発表された。

20170520 TG5 (1)
オリンパスTG-5――。
ついに出るのか。
どれだけ待ったことだろう。

そろそろ出る頃だとは思っていたが。
まったく、とんでもないタイミングで放り込んできてくれたものだ。

さてどうしたものか。

このまま「TG-3」を修理するか。
(修理代金、約1万3千円)

それとも「TG-3」は修理せず「TG-5」を狙っていくか。
(予想価格、約5万円)

かなり難しい選択だ。
ただスペックを見る限り「TG-5」にそこまでの魅力は感じないというのも事実。
どれだけの進化を遂げようとも「TG」シリーズは、あくまでも「コンデジ」に過ぎないのだ。

そしてこれが最大の問題なのだが、今年の夏「宮古島へ行くのかどうか、行けるのかどうか」ということである。
そこがハッキリしないことには、どうにも動きようがない。
幸いなことに「右目」以外は、特に何の問題もないのだが……。

近日中に「最終決断日」を決めなければならないだろう――。
2017/05/20 Sat. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit