04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

”西表島サバイHARUツアー” ~1日目~ 

西表島サバイHARU探検記」 1日目
~羽田港ー石垣島小浜島竹富島石垣島西表島ーホテル~

01 (1)
羽田に到着。向かうは、JALグループ。

01 (2)
沖縄方面へ。

01 (3)
この5ヶ月間で3回目ともなると、羽田のロビーにも愛着がわいてくる。

01 (4)
この飛行機に搭乗する。6:25発・石垣港行き。

01 (5)
無事に離陸し、機内で朝食をとる。

01 (6)
東京は雨だったが、雲の上に出ると、そこは別世界。

01 (7)
眼下に広がる、雲の

01 (8)
キレイだなぁ…。

01 (10)
沖縄のにも匹敵する、無限のブルー。

01 (12)
雲の上を歩けるような、そんな幻覚に襲われる。

01 (11)
かなりテンションが上がってきた。

01 (13)
9:30、石垣港に到着。

01 (14)
飛行機から、直接地面に降りるのは初めてだ。まさにプライベートジェット!!

01 (15)
看板の不気味なおっさんが、俺を出迎えてくれた。

01 (16)
石垣港離島ターミナルまでは、タクシーで移動。おじさんのマシンガントークが止まらねぇ!!

01 (17)
ここが、石垣島離島ターミナル。

01 (18)
台風の影響で、欠航が出てた。

01 (19)
週間天気予報には、雨マークがズラリ。

01 (20)
まず、目指すは、小浜島

01 (21)
船内はけっこう豪華。

01 (22)
は、やはり台風の影響で波が高い。

01 (23)
小浜港が見えてきた。

01 (24)
小浜港に上陸。

01 (66)
小浜港ちゅらさんばし”旅ぬかろい”。

01 (67)
おぉ!この場所は、「かりゆし先生ちばる!」で、陶子先生が、初めて港に降り立った場所だ!!

01 (65)
このショップで、自転車を借りることに。1時間250円。

01 (25)
こいつが、小浜島での3時間の滞在時間をともにする、”HARU号”。よろしく頼むぜ!!

01 (26)
風の影響を受けずらい内湾では、やはりはキレイだ。

01 (27)
今回、初めて出会った動物。白ヤギ。

01 (28)
噂通り、坂がかなり多い。

01 (29)
は、曇ったり、晴れ間が見えたり、あいかわらず気まぐれな天気。

01 (30)
緑が目に優しい。

01 (31)
小浜節。

01 (32)
小浜島を一望できる、"大岳”へ登る。

01 (36)
頂上が見えてきた。

01 (34)
頂上からの眺め。360度の大パノラマ。

01 (37)
牛子ちゃん。

01 (38)
牛がいっぱいいた。

01 (39)
”ちゅらさん展望台”へ向かう。

01 (40)
見えてきた。

01 (41)
しかし、時間がないので、しかたなく、望遠レンズで、済ませた。

01 (42)
ドラマで出てきそうな、風景が広がる。

01 (43)
かわいい花を発見。

01 (44)
風に揺れる草。

01 (45)
太陽が見えそうで、見えない。まさにチラリズム!!

01 (46)
おもしろい形の木。

01 (47)
鳥を激写。

01 (48)
おもしろい形の木をまた発見。風の影響でこうなるのかな?

01 (49)
昼食は、プラン通り、”シーサイド”へ。

01 (50)
さて、何を食べようか?

01 (51)
もちろん、”八重山そば”。

01 (52)
完食。ごちそうさまでしたぁ。

01 (53)
小浜島郵便局。

01 (54)
そして、ついにここにたどりついた。
「かりゆし先生ちばる!」で、国分佐智子さんが、ずっと宿泊していた、”民宿・くら”こと、”おもしろ荘”。
まさか、本当に、この場所に来れるなんて…。感動。

01 (55)
小浜港へ向かうべく、坂を下る。

01 (56)
「かりゆし先生ちばる!」で、陶子先生が教えていた、”美浜小学校”こと、”小浜小学校”。

01 (57)
”シュガーロード”を下っていくはずが、道を1本間違えて、普通の坂道を下る。
ザ・誤算!!

01 (58)
だけど、この風景、本当に癒される。

01 (64)
小浜島での、最後の目的地、”トゥマールビーチ”が見えてきた。

01 (61)
この広い砂浜には、誰ひとりいない。

01 (62)
は、かなり荒れているが、やはりキレイだなぁ。

01 (68)
さぁ、次は、竹富島へ向かう。

01 (69)
さようなら、小浜島。

01 (70)
小浜港の最後の景色。

01 (71)
船長さんたちが、なにやら相談。

01 (72)
やはり、あいかわらずは荒れている。

01 (73)
船長さんも大変だね。

01 (76)
乗客は、ほとんどなく、ほぼ貸切状態。

01 (77)
竹富港に到着。

01 (78)
台風だというのに、猫はのんびりとお昼寝。

01 (79)
ついに来たぞ、竹富島

01 (80)
集落までは歩くことにした。

01 (81)
長ぇ…。

01 (83)
竹富郵便局。

01 (86)
足元は、砂に見えるけど、全部、サンゴのかけらなのだ。

01 (87)
塀も、サンゴを積み上げて造られている。

01 (88)
南国らしい花が咲く。

01 (89)
牛が、普通に歩いていて、とってものどかな島。

01 (91)
なごみの塔”。

01 (98)
かなり急な階段で、しかも階段の奥行きがないから、手でスロープをつかまなければ登ることは不可能!!

01 (99)
だから、ケガをしても、”自己責任”の看板が出ている。

01 (93)
集落が一望できる。

01 (97)
まっすぐに続く道。

01 (100)
夫婦のシーサーを発見。
それにしても、奥さん、小っちゃ!!

01 (101)
牛、発見。おい、こっち向け。

01 (102)
あ、向いた…。(・へ・)

01 (103)
いろんな色の花が出迎えてくれる。

01 (104)
猫はあいかわらず、のんびりしている。

01 (105)
まだ、ぜんぜん見足りないけど、船までの時間がないので、急いで港へ向かう。

01 (106)
看板までもが、赤瓦屋根に統一されている。

01 (107)
竹富港。

01 (108)
石垣島へ向かう。

01 (109)
さようなら、竹富島

01 (111)
石垣島に到着。

01 (112)
船の時間やら、レンタカーの手配やらを再確認。

01 (114)
もうじき出港だ。

01 (113)
船内は、ガラガラ。

01 (116)
さぁ、ついに西表島に到着だ!!
ここは、西表島の下の方に位置する、”大原港”。
上の方に位置する、”上原港”の便は、風の影響で、全便欠航していた。

01 (118)
仲間港旅客待合所、”なかまりん”。

01 (121)
レンタカー会社で、手続きを済ませる。

01 (120)
いよいよ、西表島の旅が始まる。

01 (125)
西表島

01 (126)
一路ホテルへ。

01 (127)
まだ、ギリギリ明るかったので、”サキシマスオウノキ群落”に立ち寄る。

01 (129)
おぉ、これが!!

01 (131)
よく、ガイドブックとかで見るやつと一緒だ!!

01 (130)
しかし、この湿原に、誰もいないので、かなりの不気味さが漂う。

01 (134)
木が水面と平行に伸びる。

01 (135)
カニが出入りしている穴。
あまりにも、動きが早いのと、用心深いため、写真を撮ることはできなかった。

01 (138)
ホテル、”ニラカナイ”に到着。

01.jpg
さすが、”南西楽園系”のホテル、豪華だわぁ~。

01 (140)
いい感じの部屋だね~。

01 (139)
ベッドもゴー☆ジャス!(わかる?)
荷物を片付け、早速、ホテルのレストランへ。

01 (143)
レストランは、とっても落ち着いた雰囲気。

01 (144)
フルーツもいろいろありすぎて、迷う迷う。

01 (142)
とりあえず、バイキングスタイルのディナーだったので、いろいろと乗せてみた。
今夜は、早く休んで、明日に備えよう。

☆ブログランキングに参加しています☆
1日1回、コレ↓をポチっとしてくれると、沖縄がちょこっと近づきます(笑)

2009/10/11 Sun. 13:03 | trackback: 0 | comment: 2edit