10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

yokohama#010 「天寿」(2012/11/30)  

ザ・クラッシュ―。
70年代のイギリスを代表するパンクバンド「THE CLASH」のことではない。
俺の所有しているモノが次々に壊れていくのだ。

DSCF7317.jpg
修理に出していたバイクが今日戻ってきた。
プラグ、エアクリーナー、エアバルブ、リアタイヤなどを交換してもらった。
これでひとまず動くようになった。

しかしまだリスキーな部分を残している。
マフラーにはサビがひどく、いつ穴が空いてもおかしくないそうだ。
ミラーはいつモゲるかわからないほどグラついている。
まさにいろいろな意味でグランジだ。

DSCF7333.jpg
携帯電話がついに天寿をまっとうしそうだ。
フル充電しても5分ほど通話しただけで電池切れになる。
ドコモショップに電池パックの交換にいったところ、もうこの型の電池パックは生産が完了しているので入手は不可能とのこと。
本体はまだ現役バリバリなのに、電池パックがないなんて。そんなバカな。

人間で例えるならば、カラダはまだ健康そのものなのに、魂だけが死んでいるような状態だ。
これ以上、悲惨な状況はない。

この携帯電話は12月で満8歳を迎える。
人間で例えるならば、小学2年生に上がったばかりだ。
これ以上、悲惨な状況はない。

電池パックがないために、機種変更せざるをえない状況に追い込まれている。
これはドコモ側のユーザーに対する「追い込み漁」だ。
いずれにしても、今後でかけるときには、充電器を持ち歩かなければならないようだ。

この際スマホに替えてみてはどうか―。
いまのところ俺にその気はない。
これ以上、日常生活の中でインターネットやfacebookに関わりたくないのだ。
そしてなにより「画面にタッチ」するという行為が好きではない。
俺は古いタイプの人間なのだ。

そうそう、「ザ・クラッシュ」の続きだった。
サイバーショット(現在のメインデジカメ)はまだ修理から戻ってこない。
そして、部屋の石油ファンヒーターがすでに余命いくばくもない。

今日、新しい石油ファンヒーターを買いに行こうと思っていた。
そんな日にかぎって、いま使っているファンヒーターの調子が良くなる。
すると、じゃあもう少し様子を見てみるか―、ということになる。

しかし明日になると、また動かなくなる―。
やっぱり新しいのを買わなきゃダメだな―、と思う。
翌日、新しい石油ファンヒーターを買いに行こうとする。
すると、その日にかぎってまた今のやつの調子が良くなる―。

こうして俺の意図しない形で、日々延命措置が取られているのだ。
この負のスパイラルに巻き込まれてしまうと、しばらくは新しい石油ファンヒーターを買うことは難しそうだ。
俺としては、一日も早くファンヒーターが天寿をまっとうして、リサイクルという名の天国へ旅立ってほしいのだが…。


2012/11/30 Fri. 23:00 | trackback: -- | comment: 0edit