02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

桜咲く――。 

今日は休みだった。昨夜の送別会は終電で帰宅した。
その後、仕事の報告書作成などもあったので、就寝したのは午前2時過ぎになった。
疲れも溜まっていたので、たまには朝ゆっくり寝ていようと思っていた。

ところが――、朝5時半過ぎに目が覚めてしまったのだ。
もう一度寝ようと試みたが、どうやら眠れそうもなかったため、そのまま起きてしまうことにした。
そのおかげで午前9時までに、部屋の掃除、片付け、ゴミ出しなど、すべて完了した。

桜が満開だ。花見に行くとしたら今日しかない――。
しばらくは忙しいため、今日の休みを逃すと今年の花見はもう無理だった。
そんな、俺にとって大切なイベントの日は――、必ず晴れる。

風もなく、春の日射しが優しく降り注ぐ抜けるような青空。
完璧だ。俺は、自分の『晴れ男』ぶりに感謝した。
花見をするには、これ以上ない最高のコンディションだった。

P3316833 - コピー
本牧・三渓園――。

P3316811 - コピー
柔らかい春の日射しと満開の桜。
季節の移り変わりを肌で感じる。
四季のあるこの国に生まれて、心から良かったと思う。
2014/03/31 Mon. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit