12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(1/26)次はどこへ――。 

宮古島と伊良部島を結ぶ、伊良部大橋が開通する――。
いまの宮古島はその話題で持ちきりだ。
その様子を横浜からネットを通じて見ている俺。

本当に何もない小さな島なんだな――、ということがあらためてわかる。
いま世界はいろいろな問題で揺れている。
そんな混沌とした時代の中で、橋が開通するというだけで大騒ぎになる島。

自分がいかに視野の狭い人間だったのかがよくわかる。
例えるならば、自分が住んでいる『区』の中の世界しか知らないようなものだ。
やはり生きているうちに、もっと知らない世界をたくさん見ておきたい――、そんな自然発生的欲求が生まれてくるのも当然のことなのかもしれない。

海はもう卒業か。
やるべきことはやったもんな。
自分の中ではある程度極めることができたと思っている。

次はどこへ向かうだろう――。
2015/01/26 Mon. 23:18 | trackback: -- | comment: -- | edit