09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(9/6)本当の自分――。 

意味のない1日。
それが毎日続く1週間。
その1週間で構成される1ヵ月。
その1ヵ月が12回続いて成り立つ1年。
その1年が繰り返されるだけの意味のない一生――。

そして100年後には、よほどの偉業でも成し遂げない限り、自分が存在していたことすら忘れ去られてしまうだろう。

人生でいちばん幸せだった日はいつだったろう。
人生でいちばん落ち込んだ日はいつだったろう。
自分がいちばん自分らしかったのはいつだったろう。

人生にはあまりにも思い出が詰まりすぎていて、それらを明確に思い出すことは難しい。
あっというまの人生だったのに、過去を思い出そうとすると宇宙よりも深遠な風景が広がり出す。
人間はちっぽけな存在だが、ひとりひとりの一生は計り知れない瞬間の積み重ね。

『本当の自分』なんて結局わからなかった。
そして、これからも永遠にわかることはないだろう。
ただひとつ言えることは、その瞬間瞬間のすべての自分が、それぞれ『本当の自分』だったに違いない。
2015/09/06 Sun. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit