07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(10/6)ネガティブ爆弾投下阻止――。 

人生ってやつは、どうしてこうも次から次へと新しい課題が生まれ続けるのだろうか。
ひとつの問題が片付いたと思うと、どこからともなく、すぐに新しい問題が湧きあがる。
これで完璧だろうと思い一安心すると、すぐに不完全な場所が見つかり、また一からやり直すことになる。

今日も明日も明後日も、毎日同じことの繰り返しの日々なのに、区切りってやつがまったく見えてこない。
今までも、そしておそらくこれからもずっと、生きているかぎり、こんなことの連続なんだろう。
いいとか悪いとかじゃなく、それが人に与えられた使命のようなものなのかもしれない。

ブログ更新をしていないかった最近の空白期間、特に何も書くことがなかった、というわけではない。
いや、むしろ書きたいことは山ほどあった。
だがブログ以外に優先するべきことが多かったのだ。

今やっと、生活に少しだけ落ち着きを取り戻し始めたので、ブログを更新している。
しかし今日また新しい問題が発生した。
愛車(スクーター)のエンジンが掛からなくなってしまったのだ。

セルを回すと、キュルキュルと音はするのだが、一向にエンジンが始動しない。
何度やっても、時間をあけてからやってもダメ。
俺は車やバイクの構造に関しては完璧に何も知らない。

仕方ない、近々バイク屋に修理を依頼してみようと思う。
しかし、走行距離はすでに3万8千キロを超え、ほかの主要部分もいつクラッシュしてもおかしくない状況。
かかる修理代の見積もりによっては、この際、もうバイクは卒業しようとも思う。

ブログを更新しなかったもうひとつの理由がある。
今の心理状態で執筆すると、とんでもないことを書いてしまいそうだったからだ。
どんなネガティブ爆弾を投下してしまうか、自分でも予測不能なのだ。

そういう、今だってかなり危ない。
キーボードを叩く両手が制御を失えば、俺の文章作成脳は一気に暴れ出すだろう。
SNSのくだらない投稿や、どうでもいい投稿に対し、敵意を剥き出しに批判しちまうかもしれない。

個人情報保護にやたらナーバスになってる人間に限って、己の近況を詳細にSNSに投稿したがる。
完全に人格が破綻して……、
ネット社会の操り人形になり果て……、

いやいやいや。待て待て待て。
ほら、言わんこっちゃない。
ちょっと書き出しただけで、すぐに頭がヒートアップし、言いたいことを正直に書いてしまいそうになる。

だからダメなんだ。
俺に言いたいことを自由に書かせたら、すぐに不満をブチまけてしまう。
なんせ、俺の人間的器は、オタマジャクシの目玉よりも小さいのだ。
だから俺には表現の自由を許してはいけない。

話題を変えよう。

最近、俺は読書にハマってる。
海のこと、自然のこと、我々が生きている地球のこと、さらには、その先の宇宙のこと。
いろいろなことが知りたくて仕方ない。

今までは、勉強といえば試験のためにやっていただけだが、今は自らの知的好奇心を満たすためにやっている。
自然を知るということは、イコール、自分自身を知ることにもなるのではないだろうか。
そんなことを考えつつ、時間を見つけては本を読みあさっている日々だ。
2015/10/06 Tue. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit