07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(10/16)世界の風景――。 

こんばんは。
みなさんお元気でしょうか。
取り憑くものは全て悪の世界に引きづり込んでしまうという、なんとも迷惑な妖怪、グレるりんです。

深まりゆく秋、そして遠くに聞こえる冬の足音。
今朝は布団から出るのが少し辛かった。
季節は少しずつ彩りを変えていく。

俺は本屋に行くのが好きだ。
世界には俺の知らない場所が山ほどある。
一度は行ってみたいが、そのほとんどには行くことができなまま、きっと人生という旅は終わるのだろう。

20151016 PA134096
せっかくこの世に生を受けたからには、たくさんの景色を見てみたい。
だが現実的には、1ヵ所訪れるだけでも、なかなか難しいことだ。
だからこそ、人々はそんな思いを乗せて、こういった本を見て空想するのだろう。

自由にどこへでも行けるとしたら、あなたはどこへ行きたいだろうか――。
2015/10/16 Fri. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit