07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(2/16)チケットの迷宮 

20160216 (1)
公休日。
いつものように午前中は歯医者へ行った。
宮古島に行くにあたり、さまざまな角度から準備を進めているが、歯の治療もそのひとつだ。

20160215.jpg
13時までには多少の余裕を持って帰宅。
手元に各種資料を広げ、パソコンの前に陣取った。
スカイマークの夏の格安チケット購入サイトにログインできるその瞬間を待った。

20160216 (2)
やがてその時は来た。
しかし予想通りアクセスが集中し、サイトにまったくログインできない。
何度も何度もエンターキーを叩くが、完全にサーバーが許容量を超えているようだった。

20160216 (3)
仕方ないので、他の航空会社のサイトをネットサーフィンしながら待つことにした。
そんなとき偶然、見つけてしまった。
俺をこのあと究極に迷わせることになる禁断の情報を。

ANAが羽田-宮古間の直行便を就航していたのだ。
今まで直行便はJALしかなかったので、ANAは完全にノーマークだった。
これで俺のチケット計画は大幅に狂い始める。

自慢じゃないが、俺は常に事前に準備をしないと前に進めない男なのだ。
完璧な準備があって、はじめて行動に移せる。
準備なくして行動なし――、それが座右の銘である。

石橋を叩いて渡る――、など生ぬるい。
その前に、その石橋の情報をさまざまな視野から調査し、精査し、徹底的に比較検討する。
そうしなければ絶対に渡らない――、というくらい事前準備第一主義者なのだ。

というわけで、結局その後、5~6時間ほどパソコンと向き合うことになった。
俺が想定していたスカイマークのフライト時刻も変更されており、チケット絞り込みは難航を極めた。
最終的に、当初の旅行日程の変更も余儀なくされるような事態にもなった。

20160216 (4)
そんな地獄のような苦しみのなか、それでもなんとかいくつかのパターンでチケットを予約した。
もちろん座席もすべて指定済みだ。
あとは購入期限日までに取捨選択し、最終決定をくだせばいい。

20160216 (5)
さあ、ここからがいよいよ本当の地獄のはじまりである。
価格で選ぶか、日にちで選ぶか、都合で選ぶか――。
そして、この地獄を抜けた先には確実に天国が待っている。

宮古島という、最後の楽園が――。
2016/02/16 Tue. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit