09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(2/19)洗面器トレーニング 

素潜りで、できるだけ長い時間水中散策を楽しみたい。
水中で息を止めていられる時間=(イコール)水中散策を楽しめる時間なのだ。
そのために、俺は毎朝、息こらえのトレーニングを行っている。

トレーニングというと大げさだが、毎朝、顔を洗う際に洗面器に水を張り、そこに頭を突っ込んでいるのだ。
右手に時計を持ってタイムを計るというのが、俺の毎朝のルーティーンである。
息こらえのトレーニングと同時に目も覚めるし、ついでにそのまま顔も洗える。

五郎丸選手のボールを蹴る前の、あのルーティーンのように、俺も毎朝これをやらないとどうも調子がでない。
その日の体調により、やはり多少の振れ幅があるようだ。
今の平均タイムは、だいたい1分15秒~1分40秒ぐらいである。

20160219.jpg
そんな中、今シーズン初めて2分台が出た。
どんな条件が重なると長時間、息を止めていられるのかはまだわからない。
だが、やはりそこには何らかのコツのようなものが存在しているようだ。

できれば夏までに、アベレージで2分は出せるようにしたい。
今の環境で2分台が出せても、実際の海においては、息こらえの時間は約半分程度になるだろう。
だからこそ、トレーニングでは2分は息を止めていられるようにしたい。

ミヤコブルーの海を満喫するためにも、トレーニングと努力あるのみ――。
2016/02/19 Fri. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit