09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(2/25)独眼竜 

親知らずを抜いたところは、徐々に落ち着きを取り戻し始めた。
そんな中、新たなる試練が立ちはだかることになった。
花粉症によるものなのか、ものもらいなのかは不明だが、右目が赤く腫れてしまったのだ。

症状は急速に悪化し、午後から腫れだした目は、夕方には目が開けないほどにまで腫れ上がった。
見た目があまりにも恐ろしいので、応急処置として眼帯を付けることにした。
しかし、唯一残された左目に負担がかかりすぎたためか、その後、左目も腫れはじめた。

右目に眼帯、左目は薄目という、かなりアグレッシブな状況になっている。
最近、本当によくものもらいができる。
ものもらいなのかどうかもわからないのだが、とにかく目の周辺部位が敏感になっているのだ。

とりあえず今、かなりひどい状況である――。
2016/02/25 Thu. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit