09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(4/21)「スマホデビュー!」の巻 

20160421 (1)
スマホなんて不要だったので、ずっとガラケーを使い続けてきた。
月々のスマホの利用料金が高いということもネックになっていた。
しかしそんな俺にも、ついにスマホデビューする日がやってきた――。

購入したスマホは、いわゆる”格安スマホ”と呼ばれている、シムフリースマホである。
音声通話なしのプランであれば、月々約1000円程度の維持費で済む。
俺が契約したのも、まさにそのプランである。

20160421 (2)
端末はファーウェイというメーカーの”GR5”という機種を購入した。
石橋を叩いて渡る俺のことだ、この機種にたどり着くまで、いったいどれだけの時間と労力を費やしただろう。
コーナーの前では右往左往、頭の中では紆余曲折、神経もDNAもかなり消費した。

機種が決まったあとは、ボディカラーの選択でまた大いに悩んだ。
最終的には、ボディカラーはゴールドをチョイスした。
さまざまな理由を取捨選択し、何度も再考を重ねて、ようやくたどり着いたカラーだ。

今の生活スタイルではスマホはまったく必要ない。
ではなぜ購入したのかというと、もちろんすべては宮古島のためである。
宮古島で、風、波、潮、星などのリアルタイム情報を得るためだ。

たったそれだけのために、今回スマホを購入したのだ。
”宮古島”というライフワークがなければ、俺の毎月の出費はおそらく光熱費だけで済むだろう。
だが、”宮古島”というライフワークがなければ、生きていくモチベーションを失ってしまうだろう。

それにしても、今こうしてスマホを目の前にすると……。
果たして、俺に使いこなすことができるのだろうか――。
そんな不安しかない。

操作を完璧に覚えるまでのリミットは、あと90日しなかい――。
2016/04/21 Thu. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit