09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(5/1)「暗闇で光る憎いヤツ!」の巻 

20160501 (1)
宮古島で使うアイテムが、またひとつ新たに届けられた。
通常の光の下では、見た目は何の変哲もないただのテープである。
ところが……。

20160501 (2)
暗闇になると、とんでもない明るさで光輝きだすのだ。
これは”蓄光テープ”と呼ばれているもので、映画館やコンサート会場など、ライトを点灯できない場面において活躍するマストアイテムである。
暗闇の中を、矢印で誘導したり、階段に貼ってつまづかないようにしたりと、使い方はさまざまだ。

今回の宮古島は、昼間の活動と同じくらい、夜の活動が多くなる。
それもすべて”光のない場所”に限定される。
星空の撮影においては、撮影中の”光”は厳禁だからだ。
ライターやマッチ、スマホの画面から漏れるわずかな光さえ”命とり”になってしまう。

そこで、この蓄光テープが大活躍するというわけである。
有効な場所に貼っておけば、撮影がスムーズに行えるし、帰り際の置き忘れ防止にもなる。
この用意周到さ、素敵じゃないか。

宮古島はまだ先だが、俺の心臓は遠足前夜のように高鳴り始めている――。

宮古島の星空を目撃するまで、あと80日――。
2016/05/01 Sun. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit