09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(5/5)「まさかの続編!」の巻 

世界でどんな事件が起ころうとも、最近ではあまり驚かなくなった。
自分の人生に影響を与えるような大事件など、そうそうあるものではない。
そんな中、ネット上でとんでもない驚愕のニュースを見つけてしまった。

”プリズン・ブレイク”続編決定――!!

到底、信じられないニュースである。
今さら復活するわけがないではないか。
どうせ噂話やガセネタの類だと思い半信半疑だった。

しかしその後、ネット上で検索を進めていくと、信憑性の高い情報源からの発信もちらほらと確認できた。
数週間後には、おおよそのキャスティングも決定という情報がネット上に踊った。
最新情報によると、今回制作が正式に発表された続編は、全10話構成の限定シリーズとなり、主演のウェントワース・ミラーとドミニク・パーセルに加え、他のオリジナル・キャストも主演することが決まっている――、らしい。

本当に信じられない。
宮古島以上に、俺にとっては超ビッグニュースだ。
何年も止まっていた時計が、再び動き出したような感じである。

”宮古島”と”プリズン・ブレイク”、どちらが好きか――?
そう訊かれたら、即答は難しい。
いや、宮古島には申し訳ないが、”プリズン・ブレイク”と答えるかもしれない。

”プリズン・ブレイク”とは、それほど俺の人生に影響をあたえたドラマなのだ。
DVDはもちろんすべて持っているし、いったい何度繰り返し見たことだろう。
何回見てもまったく飽きないどころか、見返すたびに新しい発見があり、よりディープな世界へとハマる。

20160505.jpg
とにかくなんといっても、主演のウェントワース・ミラー(マイケル・スコフィールド役)が死ぬほどカッコいい。
あんなカッコいい男がほかにいるだろうか。
もし生まれ変われるなら、”ウェントワース・ミラー”か”宮古島まもる君”になりたい。

ウェントワース・ミラーの髪型に憧れ、一度だけ超短髪にしたことがあった。
だが顔の素材がまったくウェントワースと違ったため、えらくひどい目にあった思い出がある。
俺はどちらかというと、”スクレ(マイケルと同房の囚人)顔”であるということを、身をもって学んだのだった。

嗚呼、早く続編が見たい。
こんなワクワク感、本当に久しぶりだ。
たとえ余命1ヵ月と宣告されても、”プリズン・ブレイク”を見たい気持ちが病をも打ち砕くだろう。

---------------------------------------------------------
最新ニュースより――。

2005年から2009年にかけて放送され、日本でも大ヒットを記録した海外ドラマ「プリズン・ブレイク」の続編が制作されることが明らかになった。米Varietyなどが伝えている。

「プリズン・ブレイク」は、ウェントワース・ミラー演じるマイケルが、死刑判決を受け収監されている兄リンカーン(演:ドミニク・パーセル)の無実を信じ、自ら刑務所に入り兄と共に脱獄を試みるというストーリー。
これまでに全4シーズンが制作・放送され、主演のウェントワース・ミラーは同作でゴールデン・グローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)にノミネートされた。

今回制作が正式に発表された続編は全10話構成の限定シリーズとなり、主演のウェントワース・ミラーとドミニク・パーセルに加え、他のオリジナル・キャストも主演することが決まっているそうだ。

米FOX局の会長を務めるデイナ・ウォルデンは、同作のクリエイター、ポール・シェアリングは現在、脚本を執筆中であり、この続編ではシリーズ・フィナーレから数年後の世界が描かれることになると話した。

今年1月、FOXが同作の新シリーズの制作に前向きであるというニュースが伝えられてから、その動向に注目が集まっていた。
「プリズン・ブレイク」の続編は、2016年夏頃に全米で放送が予定されている。
---------------------------------------------------------
2016/05/05 Thu. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit