07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(5/6)「宮古島仕様に進化するスマホ!」の巻 

”宮古島のためだけに買った”スマホが、その目的通りに日々進化している。
基本操作にまだ危うさは残るものの、来るべき宮古島のために、スマホの中身をビルドアップさせている。
企業宣伝風にいうならこんな感じか――。

宮古島の陸海空の情報を完全網羅!!
ダイバー、サバイバー、スターウォッチャーたち、すべての宮古フリークたちに捧ぐ究極のアイテム!!
宮古島のためだけに進化を遂げた比類なき究極のスマートフォンついに登場!!――。

(ってか、無料のアプリ入れただけだけど)

20160506 (1)
”LINE”のやり方は、いまだによくわからないが、宮古島のリアルタイムの海況を知るならこれだ。
これさえあれば、波の高さ、風向き、潮の流れ、そんな海の基本情報がすぐに確認できる。
(ってか、無料のアプリ入れただけだけど)

20160506 (2)
気圧、湿度、気温などの情報を知るのはこれだ。
基本的な気象状況をいつでも確認できる。
(ってか、無料のアプリ入れただけだけど)

20160506 (3)
風速、水温、視界などは、これが役に立つだろう。
いま暮らしている横浜の天気よりも、今日の宮古島の視界のほうが気になる。
(ってか、無料のアプリ入れただけだけど)

20160506 (4)
宮古島を満喫するためには、月の動きも把握しておかなければならない。
昨年まではプリントアウトした紙を持ち運んでいたが、今年はスマホ1台で完結する。
(ってか、無料のアプリ入れただけだけど)

20160506 (5)
星空を撮影するにあたり、こんな星座情報も欠かせない。
見ている星までの距離や等級などが即座に確認できる。
(ってか、無料のアプリ入れただけだけど)

スマホデビューしてから、まだ1ヵ月も経たないが、宮古島に必要なことはすべて覚えよう。
”機器に支配される”のは好きではないので、1日も早く、”機器をコントロール”できるようになりたい。
だがスマホは、あくまでも宮古島での冒険をサポートする道具でしかない。
最終的に頼れるものは、己の肉体、精神、心なんだということを忘れないようにしよう。

宮古島のフィールドでスマホが活躍するまで、あと75日――。
2016/05/06 Fri. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit