09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(6/15)「スマホを防御せよ!」の巻 

20160615.jpg
またまた宮古島へ向けてのニューアイテムが届いた。
防水国際保護等級:IPX8認定獲得のスマートフォン用防水・防塵ケースである。
なんと、水深1.5-30mでも30分間水を防ぎ続けられるらしい。

そしてケース周囲のリム部分には夜光素材が使われており、暗い場所では発光してくれる。
ストラップもかなりタフ仕様になっており、救助用ロープとして使えるほどの引張強度を兼ね備えているそうだ。
つまり、もしこのスマホケースが電車の扉に挟まったりしようものなら、俺の首のほうがもげるというわけだ。
想像するとちょっと恐ろしい気もするが、なんとも頼もしいタフさである。

まぁ、とにもかくにもこのケースには、俺の求めるサバイバル要素がすべて詰まっている。
完璧だ。

否が応でもテンションは上がってくる――、のだが、鏡を見ると一気に落ち込む。
切りすぎた髪を見るたびに、気持ちは永遠のデッドブルーになるのだ。
だがもうそんなことも言ってられない。

宮古島まで、あと35日――。
2016/06/15 Wed. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit