09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(8/10)「涙が……」の巻 

体調不良は続いたまま。
食欲はあいかわらずなく、昨日もおにぎりを無理やり3個食べるのが限界だった。
自分のカラダがどうなっているのか自分でも理解できない。

2ヵ月前の体重と比べると、8キロほど減った。
今は小柄な女性ほどの体重しかない。

今朝ベッドの上で横になりながら、気づいたら涙がポロポロとこぼれていた。
こうなっている情けなさと、具合の悪さと、いろいろな感情が入り乱れていた。
思うようにいかないもどかしさ、やりきれなさ、いま何のためにここにいるのかという疑問符。

今の宮古島の太陽が俺には残酷すぎる――。
2016/08/10 Wed. 07:36 | trackback: -- | comment: -- | edit