07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(8/11)「雨に支配された島!」の巻 

20160811 amagumo
朝の太陽は完全に消え失せ、現在、宮古島は全域が雨で支配されている――。

南のほうにドライブに行こうと思っていたが、このスコール群が消え去らないと無理そうだ。
良くも悪くも宮古島の天気は変わりやすい。
雨が降った、太陽が出た、そんなことで一喜一憂するのはバカバカしいことだ。

明日の夜9時過ぎから、ペルセウス座流星群が極大のタイミングを迎える。
小さなチリが地球に飛び込んできたとき、大気との摩擦によって発光する現象が、いわゆる”流星”だ。
その流星が多く見れるのがこの時期であり、その最大期が明日なのだ。

明日の撮影に備え、今日はロケハン(下見)で南に行こうと思っていたのだ。
帰りは宮古島温泉にでも浸かってのんびり休養でもしようと、ぼんやり計画していた。
だが体調が悪い上に、この雨では、出かけようという気持ちは薄れてしまう。

はぁぁ、退屈な宮古島の一日だ……。
2016/08/11 Thu. 10:30 | trackback: -- | comment: -- | edit