09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(8/28)「どうしたんだHARU!」の巻 

みなさんに謝らなければいけないことがある。
俺は今夜、とんでもないイベントに参加する。
それを先にお詫びしておこうと思う。

もしかしたら体調不良のせいで、アタマの回路がぶっ飛んでしまった可能性もある。おそらく俺の、硬派でストイックなイメージ(勝手な本人イメージ)は今夜をもって崩れ去るに違いない。
だが俺は、真実を包み隠さず、ありのままを綴るつもりだ。

なぜ宮古島にまで行って、そんなイベントに参加するんだ?!
しかも、なぜ今?!
そして、なぜ急にそういう展開になるんだ?!
いったいどうしたんだHARU!!

そんなお叱りや、非難の声が全国から聞こえてきそうだ。
本当に申し訳ない。だが俺にも、なぜこうなったのか理路整然とは説明できない。
ある意味、一種のアクシデントであることは間違いないだろう。

もともと今夜のイベントに関しては、今回、宮古島に来たときに誘われていたものだ。
「8月28日にイベントがあるんだけど、HARUさんも参加してみない?」
誘ってくれたのは、数年前から宮古島で働いているMちゃんだ。
俺は8月20日に帰る予定だったので、最初に声をかけてもらった時点では断っていた。

ところが、俺は宮古島に残ることになり……。

今夜のイベントに参加することになった。いや、参加することにした。
退屈なワンパターンの生活に刺激を与えてみるのも悪くはないだろう――、そう考えたからだ。
俺が元気で、普段通りにシュノーケリングに明け暮れる日々だったなら、おそらく参加しなかったと思う。

過去を遡っても、今まで一度もこの手のイベントには参加したことがない。
つまり、今日が人生初の体験になる。
このヘンな緊張感は何なんだ。アウトリーフよりも恐ろしい。

どんな経験であろうと、”人生初”というのは緊張するものだ。
それにしても、まさかこんな経験を宮古で味わうことになろうとは……。

おっと、そろそろお迎えがくる時間だ。

では行ってくるか――。

人生初の”婚活パーティー”とやらに――!!

(ここでブログ読者、一同爆笑!!)
2016/08/28 Sun. 18:30 | trackback: -- | comment: -- | edit