05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(9/2)「今の心境!」の巻 

書きたいことが、まったく書ききれていない。
その日のトピックス的なことだけは、なんとか書くように努力している。
だが正直それでは足りないのだ。

昨日から今日までの24時間の間だけでも、さまざまな出来事が起こる。
そして昨日まで抱いていた感情と、今の感情はまったく違っていたりする。
ブログをすべて読んでいただいたとしても、俺の感情の変化が伝えきれていないのだ。

散乱した感情のピースを埋めていかなければならない。
俺のブログは、一話完結の『サザエさん』スタイルではなく、ずっとストーリーが続く『プリズン・ブレイク』スタイルなのだ。
だから細かい感情の変化、それに至るまでの経緯も、事細かに記すということが必要になってくる。

話がすべて中途半端に終わってしまっているのが、自分自身、本当に気持ち悪い。

試しに、今この時点(9月2日午後11時23分)での、率直な気持ちを箇条書きでざっと書いてみようか。

・先日の”大人の出会いパーティー”には、やはり参加すべきではなかったと思っている
・宮古島の”狭さ”がストレスになっている
・自分の経験値でしか人を判断できない移住者が多く、自分も内地出身のくせに内地の人間を下にみる態度にイラつく
・海好きの人間がほとんどいないことに本当にウンザリしている
・海の美しさ以外に宮古島にいいところはないと思っている

こんなところだろうか。
俺がこう思うようになった経緯がわからないと、理解できない部分も多いと思う。
だからこそ、足りないピースを埋めていきたいと思うのだ。

それにしても気分がまったく晴れない――。
2016/09/02 Fri. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit