09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(9/6)「雨の日シュミレーション!」の巻 

明日は、彼女と1日フルで遊べる待ちに待った日だ。
どちらからともなく、そういう約束ができていた。
昼間に会うのも明日が初めてということになる。

彼女は仕事が忙しく、なかなか休みが取れない。
仕事も深夜までになることが多く、会うとしたら彼女の仕事が休みの日に限られてしまう。
その休みが明日というわけだ。

俺の小さい脳みそで精いっぱいプランを考えた。
連れて行ってあげたいポイントはすぐに浮かぶのだが、そのルートを考えるのが難しい。
あれこれ想いを馳せながらコースを決めた。

ところが明日はほぼ確実に雨。
俺の晴れ男パワーも明日の雨だけは防げそうにない。
急遽、新たに雨の日コースを考えることになったのだった。

こんなときは、自分の宮古島経験値が真価を発揮する。
雨でも、悪天候でも、宮古島を満喫できるコースはそれなりにある。
なかなかゆっくりと宮古島をまわったことのない彼女に、明日はめいっぱい楽しんでほしい。

さぁ、今夜はもう寝よう――。
2016/09/06 Tue. 23:55 | trackback: -- | comment: -- | edit