06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(9/11)「帰ってきたアイツ!」の巻 

みなさん覚えておられるだろうか。
ある日突然、俺の前から去って行ったケンケンのことを。
俺の宮古島ライフを劇的に変えるであろうと予感させた男の存在を。

そのケンケンが、再びこの宮古島に舞い戻ってきた。
去ったときと同じように、現れるときも風のように突然だった。
今日ついに念願の再会を果たした。

これほど嬉しいことはない。
ケンケンとは海へ行く約束をしていながら、俺が体調不良だったため、その約束を一度も果たせないまま別れてしまった。
このことが今年の宮古最大の後悔だったといえる。

だがケンケンは戻ってきた。
しかも俺の隣の部屋だ。
これでもう、いつでも海に行ける。

この男の宮古島再訪により、俺の日常は劇的に変わると確信している――。
2016/09/11 Sun. 19:00 | trackback: -- | comment: -- | edit