07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(9/28)「そして18号が!」の巻 

風はまだ強いが、台風17号はようやく過ぎ去って行った。
宮古島には久々に夏の日射しが戻った。
しかし安心したのもつかの間、新しい台風18号がマリアナ諸島の東で発生したらしい。

進路予測を見ると、今週末から来週にかけて宮古島を直撃しそうだ。
終わった。
完全に終わった。

俺が残りの10日間でシュノーケリングできる可能性は、限りなくゼロに近づいた。
海に入るとしたら、17号の余波がなくなり、18号の影響が出る前の、ごくわずかなタイミングしかないだろう。
しかしこれはかなり難しい。

もう多くは望まない。
もう一度だけ、マダラトビエイを近くで撮影するチャンスがほしい。
というのも、ブログでは紹介していないが、先日大きなミスをして、マダラトビエイの決定的撮影チャンスを逃してしまったのだ。

太陽が出ているので、とりあえず今から海へ行く。
もちろん海況をみて、チャンスがあればシュノーケリングするつもりだ。
だがどこの海岸へ行くべきなのか、今日の予測は非常に困難を極める。

最近の北東の風から、今日は南東の風に変わった。
台風の余波や、沖からのウネリも考えると、全方角がアウトなのだ。
シュノーケリングできるビーチを探すとなると、下手をすると宮古島一周することになりかねない。

シュノーケリングはあきらめて隠れビーチでも探そうか。
だがそういう気分でもない。
写真も撮り尽くした感がある。

パソコンの前で考えていても答えは出ない。
とりあえず出発しよう――。
2016/09/28 Wed. 10:00 | trackback: -- | comment: -- | edit