09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(10/4)「食レポ・割烹 浜(初)!」の巻 

20161004 kappou hama (1)
今日は割烹・浜へ行った。
公設市場そばのファミリーマートの近くにある。
かなり年季の入った看板と佇まい(たたずまい)なので、気をつけて見ていないと見逃してしまうかもしれない。

20161004 kappou hama (2)
店内はカウンターと座敷席とに分かれていた。
とても静かで落ち着いた雰囲気だ。
やたらに歌ったり踊ったりして会話もろくに聞こえないような居酒屋よりも、俺はこういった落ち着く店のほうが好きだ。
大切な友とゆっくり会話を楽しみたい。

20161004 kappou hama (3)
魚に関するメニューがメインのようだった。
あまり見かけないメニューが多くワクワクする。

20161004 kappou hama (4)
この日のメンバーはバリバリの宮古んちゅー(生粋の宮古人のこと)のカズくんと、マヨちゃん、ルナちゃん、俺の4人だ。
俺以外の全員が宮古島で仕事をして生活している。
つまり俺だけが観光客というわけだ。

カズくんは宮古んちゅーにも関わらず、シュノーケリングが大好きというかなりレアな人物だ。
宮古んちゅーでシュノーケリング好きなんて、めったにいない、というかカズくん以外に見たことがない。
フィンはオマーのロングフィンを履いており、スキンダイビングスキルは非常に高い。

マヨちゃんはたしか宮古島生活がもう4年近くになる。
元々ダイビングインストラクターをやっていた女の子だ。
今は別の仕事をしているが、シュノーケリング大好き女子である。

そして言わずと知れた2016年俺の宮古島ライフ、レギュラーメンバーのルナちゃん。
この日の飲み会は俺がルナちゃんを誘った形だ。
この2人と繋がっていれば、俺がいなくなっても、一緒にシュノーケリングに行けるだろうと考え声をかけた。

まずは乾杯。
さぁ、どんどん注文するぞ――。

20161004 kappou hama (5)
味付け枝豆。

20161004 kappou hama (6)
ラー油海鮮。

20161004 kappou hama (7)
鳥の唐揚げ。

20161004 kappou hama (8)
にぎり2人前。

20161004 kappou hama (10)
マクブのマース煮。

どれも美味しかった。
にぎりと鳥の唐揚げ以外は、今まで経験のない料理だった。
元々この店は、俺以外の3人が俺におススメしてくれていた店だ。

20161004 kappou hama (9)
カズくんとマヨちゃんは先日、多良間島と水納島へ行ってきたばかりだ。
そのときの話をたくさん聞かせてもらった。
俺も多良間島へは行ったことがあるが、もう5年前の話だ。

実は今回、10月初旬に多良間島へ行こうと計画していた。
だが台風が次々に発生したためあきらめたのだった。
来年は行きたいと思う。

この店、気に入った――。
2016/10/04 Tue. 23:30 | trackback: -- | comment: -- | edit