10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(9/19)「食レポ・まいぱり(初)!」の巻 

20160919 maipari (1)
M美と来間島で遊んだあと、ティータイムのスイーツを食べるため、下地の"まいぱり"へ行くことにした。
来間島には、"パニパニ"、"ヤッカヤッカ"、"あおぞらパーラー"、"楽園の果実"などといった超有名カフェが立ち並ぶが、今では行く気さえ起きない。

別にそれらのカフェが嫌いなわけではない。
来間島のカフェを取り巻く環境が嫌いになっただけだ。
次々にやって来る大型観光バス、引っきりなしに駐車場に出入りするレンタカー、車の騒音、排気ガス、人々の話声……。

数年前までの、のどかでゆったりした島時間は、今の来間島にはもはや存在しない。
あんな都会的な空気と雰囲気の中では、南国ムードなど皆無だ。
ガイドブックで店のメニューは紹介できても、その場所の空気感だけは自分で行かなければわからない。

20160919 maipari (2)
というわけで、あえて宮古島側に戻り、"まいぱり"に行ってみた。
予想通り、いや、予想以上に、"まいぱり"は閑散としていた。
だが、その静けさがいいのだ。

20160919 maipari (3)
かわいいメニューボードが置いてあった。
メニューはこんな感じだ。
いかにも南国らしい。

20160919 maipari (4)
俺とM美は、それぞれ違うアイスクリームを注文した。
味のほうは、普通に美味しかった。
そもそもアイスクリームに、ウマいもマズいもないだろう。
マズいアイスクリームなんて、聞いたことがない。

しかしこれで1080円というのはいかがなものか。
ちょっと高すぎるのではないだろうか。
普通の庶民の金銭感覚からすると、少なくともリピーターになろうとは思えない金額だ。

価格のほかに、もうひとつ気になる点があった。
それは店員の無愛想ぶりだ。
店員に笑顔は一切なく、終始、事務的な話し方と対応だった。

だが愛想がないのは、本人の責任ではない。
そういった人間を接客業に就かせている側に責任がある。
南国気分でアイスクリームを食べに行ったのに、とっても悲しい気持ちになった。

せっかくの楽しい1日だったが、とても残念な午後のひとときになってしまった――。
2016/09/19 Mon. 17:00 | trackback: -- | comment: -- | edit