07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(11/1)「発表!宮古島食事処ランキング!」の巻 

時間があるときは、過去の宮古島のあらゆるデータを分析している。
過去のデータを分析することにより、今まで見えなかった部分が見えてくる。
それになにより、俺はこういう地味でマメな作業が好きでたまらないのだ。

■宮古島滞在日数
・2009年:4日(5/12~5/15)
・2010年:0日
・2011年:0日
・2012年:146日 (6/28~11/20)
・2013年:87日 (7/4~9/28)
・2014年:149日 (5/28~10/23)
・2015年:14日 (8/5~8/18)
・2016年:81日 (7/20~10/8)
・2017年:未定

宮古島のこれまでの滞在期間と滞在日数のデータをまとめてみた。
今までの滞在累計日数は「481日」だった。
ただの「481日」ではない。すべてが夏という、最高のシーズン。
そして、基本的にすべてが「遊び」目的での「481日」だ。
この期間中にはシュノーケリングガイドという仕事もしたが、海で泳ぐという意味ではあまり変わらないだろう。

今回は食事処のデータも解析してみた。
これまでに行ったことのある食事処を五十音順で並べてみた。
下記がその一覧である。
なお、料理の写真はあるのだが、不覚にも店名を失念したものは除外した。

■食事処編(ランチ & ディナー)
・炙り屋
・市場食堂(いちばしょくどう)
・うさぎや
・おふくろ亭
・おぷゆう食堂
・オーシャンリンクス
・海美来(かいみーる)
・カラカラ
・球道(きゅうどう)
・くろべぇ
・郷家
・腰原(こしばる)食堂
・古謝そば屋
・サウスアイランド(レストラン入江)
・さとうきび
・サマー太陽
・さんご家
・(ガーデンレストラン)シギラ
・志堅原(しけんばる)
・ジョイフル
・SUBAKO
・すむばり食堂
・そば太郎
・茶音間
・中山(ちゅうざん)
・でいりぐち
・なび家
・ぱいばら食堂
・(割烹)浜
・パラボラッチョ
・(焼鳥)秀
・ひろちゃん
・福屋
・まるこちゃん
・丸吉食堂
・みほりん
・宮古島漁協
・ヤッカヤッカ
・和ごころ

という結果になった。
自分でもまさかこれほど外食しているとは思わなかったので、正直驚いている。

■カフェ & スイーツ編(※参考データ)
・あおぞらパーラー
・シュクル
・まいぱり
・雪塩製塩所
・ユートピアファーム宮古島
・リッコジェラート

せっかくここまで記載したので、俺のおススメの食事処ベスト5を決めようと思う。
独断と偏見、そして俺の研ぎ澄まされた舌で(冗談である)勝手に決めたランキングだ。
みなさん、くれぐれも異存はないようにしてほしい。

■HARUの宮古島食事処ランキング・ベスト5

★第5位――でいりぐち
評価ポイント:店内の雰囲気も良く、料理も美味しい。そして何よりスタッフさんの気配り接客が素晴らしい。ぜひ大切な人と行ってほしい。西里通りにある人気店なので事前予約が必須だ。

★第4位――そば太郎 ※夜になると「たんでぃがたんでぃー」という店名に代わる。
評価ポイント:店主はあまりしゃべらないが、味に関しては太鼓判を押せる。特にそば系のメニューに関しては敵なし。

★第3位――志堅原(しけんばる)
評価ポイント:一度しか行ったことはないが、そのときの印象が強烈すぎる。とにかく出てくる料理すべてが完璧に美味しかった。

★第2位――(焼鳥)秀
評価ポイント:とにかくここに来れば間違いない。乾杯の一杯から〆の一品まで「美味い」という言葉を何回言うだろう。席数が少ないので事前予約が必須だ。

★第1位――おふくろ亭
評価ポイント:大将が作り出す料理はそのどれもが料亭クラスの逸品。ふだん比較的よく食べている食材が多いだけに、大将の腕前の凄まじさに驚愕し悶絶する。店内の雰囲気も、料理の味も、大将の人柄も、すべてパーフェクト。文句なしの1位。

--------------------------------------------
「おふくろ亭」の1位は揺るぎないと思うが、果たして来年、この順位に変動はあるのだろうか。
そのあたりも楽しみなポイントだ。
宮古島を離れて、横浜にいるからこそ、冷静に判断できるこういった過去のデータ。
今後は「シュノログ」と並行して、「食べログ」をもっと充実させていこうと思う。
2016/11/01 Tue. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit