05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(11/2)「ダブル受診!」の巻 

20161102 (1)
先日、近所のかかりつけの医者では「うつ病」と診断され、薬も処方されたが体調復調の兆しはない。
いてもたってもいられず、以前に尿管結石手術でお世話になった信頼のおける病院へ行った。
8月から慢性的に続く漠然とした体調不良、先月後半からは胃のあたりの不快感、それらの診察を受けに行ったのだ。
宮古島の病院から数えると、セカンドオピニオンならぬ、サード、フォースオピニオンといったところだろうか。

20161102 (2)
泌尿器と内科をダブル受診したため、当然、実施する検査の数も多くなる。
尿検査、血液検査、腹部のX線検査、腹部のCTスキャン、担当医による触診……。
約3時間のあいだ、ほぼ検査か問診を受けていた感じだ。

20161102 (3)
内科のほうの検査結果がわかるのは来週。
泌尿器科での尿管結石に関する回答は得ることができた。
いまのところ尿管には結石はひとつもなかった。
しかし、右の腎臓には1ミリ程度の石が1個、左の腎臓には5ミリ以下の石が4個あることが判明した。

これらの石は、慢性的に続く体調不良の原因ではないらしい。
また、すぐに痛みを発症するわけではないので、しばらくは様子をみるというスタンスになった。
この腎臓の石も気になるが、やはり最もいま俺を憂鬱にさせているのは日々続く体調不良のほうだ。

来週には内科の検査結果が出るので、今はそれを待つしかない。
俺の予感では、また数値上においては問題ないような気がしてならない。
だが今日、担当してくれた先生は、来週の検査結果をみて、またそこから原因を探っていこうと言ってくれた。
心強い言葉だった。

だから仮に今回の検査で異常が見つからなくても、まだ希望の火が消えたわけではない。
あの先生なら、この体調不良から俺を救い出してくれるかもしれない。
そんな気がしてならないし、今はあの先生のことを信じるしかない。

1日も早く健康なカラダを取り戻したい――。
2016/11/02 Wed. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit