09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(11/6)「開戦前夜!」の巻 

明日から新しい仕事がスタートする。
その決定が下されたのはついさっきだ。
心の準備はできていないが、俺が心配なのは体調のほうだ。

まったく良くない。
いや、はっきり言って悪い。
胃のあたりをねじられているような痛みが1日中続いている。

体調がいい時間帯も稀にあるが、今日は朝から1日中こんな調子だった。
先日の検査結果がでるのは水曜日。
それまでは、この原因不明の体調不良と向き合わなければならない。

カラダさえ健康であれば、仕事へのモチベーションも上がるのだろうが、まったく駄目だ。
仕事に打ち込めるかどうかよりも、この体調で就業時間を耐えられるかどうかのほうが心配で仕方ない。
本当にまいった。

到底仕事に打ち込めるようなコンディションではないがやむを得ない。
いつ治るともわからない体調不良に付き合って、働かないでいるわけにもいかないだろう。
金銭的にももう限界に来ている。

今度の職場は新宿になった。
人が多いところは好きではない。
だが今は働く環境よりも、確実な収入を確保しなければならないときだ。

とりあえず、この最悪なカラダでやるだけのことはやってみよう――。
2016/11/06 Sun. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit