07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(12/6)「有意義!」の巻 

10日ぶりの休み。
久々にゆっくり寝て、のんびり過ごそう――。
などという怠惰な考えは俺にはまったくない。

いつもより早く起き、行動を開始した。
明日からまた1週間休みがないので、今日は1分1秒たりとも無駄にはできない。
期限が決められていると人間はキビキビ動くものだ。

部屋の掃除、各種買い出しなど、計画していたすべてのことを次から次へとこなしていく。
買い物に行っても、決断力が冴えわたる。
迷っている無駄な時間など、今の俺にはない。

気持ちいいくらいにテキパキと行動し、予定通りに休みを有意義に過ごした。
体調は相変わらず良くなかったが、今日を逃したら1週間先まで動けない。
そう思うと、体調の悪さなどかまっていられなかった。

やるべきことの9割以上はコンプリートした。
そして次の休みにやるべきリストもすでに作り始めた。
次回の休みも完璧に、有意義に過ごさなければならないからだ。

話は脱線するが、もしかしたら俺の体調不良の原因が判明するかもしれない。
たまたまテレビで“ピロリ菌”の症状を紹介していたのだが、俺の抱えている症状と類似点が多かったのだ。
これが犯人なんじゃないだろうか――、直感的にそんな気がした。

今まで医者でいくつもの検査と問診、触診を繰り返してきたが、納得のいく答えはなかった。
だが“ピロリ菌”は、数々の埋められないピースを埋めてくれる存在な気がする。
更なる情報を求め、さっそく明日から、“ピロリ菌”に関する情報収集を開始しようと思う。

来年の夏までに、なんとしても健康なカラダを取り戻さなければ――。
2016/12/06 Tue. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit