05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(12/10)「懲りないヤツ!」の巻 

先日、着替え用ロッカーを渾身のフルパワーでぶん殴り、右手を負傷した。
痛かった。死ぬほど痛かった。骨にひびが入ったかと思った。
その過ちから、もう二度とロッカーは殴るまい――、と固く心に誓った。

あの日から数日――。

俺は今、再びロッカーをぶん殴りたいという、危険な衝動に駆られている。
その衝動の原因は、仕事上のストレスと苛立ちだ。
仕事というものは、まったくもって危険な遊戯である。

気持ちを鎮めるためにブログを書いている。
文章にすれば少しは気が紛れるかもしれない――、そう思ったのだ。
今回の俺は、なかなか冷静ではないか。

世の中は本当にうまくいかない。
うまくいかないどころか、悪い方にばかり進む。
現代人はストレスが溜まるわけだ。

よし、少し落ち着いてきた――。

ロッカーをぶん殴るのはやめて、ロッカーを蹴飛ばそう。
革靴が壊れるかもしれないが、致し方ない。
手の甲が折れるよりはマシだ。

ロッカーを蹴飛ばしたら仕事に戻るとしよう――。

みなさんも良い1日を――。
2016/12/10 Sat. 14:00 | trackback: -- | comment: -- | edit