06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(1/10)「3.5ミリの憎いヤツ!」の巻 

20170110 (3)
泌尿器科を受診した。
CTスキャンの結果、俺の病名はやはり「尿管結成」であることが判明した。
腎臓と膀胱の間の「尿管」に「3.5ミリ」ほどの石の存在が確認できた。

20170110 (2)
この、たった「3.5ミリ」ほどの石が、「人生で味わう3大激痛」を生みだすのだ。
今日も病院内で、その痛みにより動けなくなった。
処方箋の薬局と、帰宅途中の道路上でも動けなくなり、その場で痛みが治まるのをひたすら待った。

20170110 (1)
担当医と相談した結果、1週間後に「体外衝撃波結石破砕術」という手術を受けることになった。
昨日発症したばかりで、もう来週手術というのは早すぎると思われるかもしれない。
だがこの痛みからは1分1秒でも早く解放されたいのだ。
その気持ちが俺に早急な手術の決断をさせた。

20170110 (4)
昨年は毎月病院にかかり続けた。
今年こそは病院から解放されたいと思っていた矢先に、いきなりの手術。
しかも、まだ胃の具合も悪く、漢方薬も飲み続けいてる状況。

年々ボロボロになっていくカラダ。
気持ちとは裏腹に、確実にカラダは若さを失っていく。
残された人生の時間で何ができるのか。

そんな自問自答を繰り返す――。
2017/01/10 Tue. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit