05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(2/7)「トレースする明日」の巻 

いいことなど何もない。
楽しいことなど何もない。
最後に心から笑えたのはいつだったろう。

往復3時間かけて出勤。
帰宅してシャワーを浴びてすぐ眠る。
一瞬で朝が訪れ、また出勤。

単調な生活。
今日も、明日も、明後日も、日にちと曜日が変わるだけで中身はいつも同じ。
昨日起きた事件は忘れ去られ、また明日新しい事件が起こる。

長くて短い人生。
その中で、栄光なんて一瞬だ。
栄光と呼べるような一瞬があっただけでも幸せなのかもしれない。

明日も、今日という日をトレースするだけ――。
2017/02/07 Tue. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit