08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(2/17)「春一番」の巻 

20170217 (2)
今日の横浜は季節外れの暖かさ。
強い南風が吹いており、気温は19度まで上昇。
春一番ということらしい。

20170217 (3)
別に横浜の観光めぐりをしているわけではない。
市役所、区役所、年金事務所などの公的機関に行った。
それらがすべて観光地にあるというだけである。

20170217 (4)
健康状態も精神状態もボロボロだが、あまりネガティブな気分ではなかった。
青い空、白い雲、輝く太陽、そんな自然の大きさに包まれているのが心地良かった。
いい気分転換にもなる。

用事がすべて終わる頃には、バイクの修理も完了していた。
午前中のうちにショップに連絡をし、バイクの引き取り修理を依頼していたのだ。
引取り料、診断料、部品代、工賃など含めて、ある程度妥当な金額で収まった。

20170217 (1)
直ったばかりのバイクで、山ちゃん(接骨院)へ行った。
右ひざと、両肩、両腕の治療を行った。
昨日の追加ダメージで、またイチからやり直しだが、根気強く治療していくしかない。

夜は「サンズ・オブ・アナーキー」シーズン1・第2話を観た。
どうやらこのドラマ、なかなかエグい場面が多いようだ。
まだドラマ内の人間関係の構図がイマイチ理解できないでいるが、そのうちわかってくるだろう。

なんだか今日も慌ただしい1日だった。
次の休みもスケジュール満載だ。
ヒマで怠惰に過ごすよりも、俺には忙しいほうが向いている。

とりあえず今は、早く健康なカラダを取り戻せるように粘り強くリハビリしていこう――。
2017/02/17 Fri. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit