07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(2/23)「結果通知」の巻 

1通の封書が届いた。
先月応募したフォトコンテストの結果通知である。
3月中旬に発表されるはずだったが、なぜかもう届いた。

日々の暮らしの中には自分なりのルーティーンがある。
1年という長いスパンの中にも自分なりのルーティーンが存在している。
このフォトコンテストへの応募も、俺にとっては年間ルーティーンのひとつだ。

過去3年連続「入選」どまりだった。
それだけに、今年こそは――、という思いが強かった。
納得のいくショットも撮れた。

その結果が、いよいよ手元に届いたのだ。

毎年のことだが、封を切る瞬間はいつも緊張する。
さまざまな思いが交錯し、心臓の鼓動も速くなる。
天国――、それとも地獄――?

緊張はクライマックスに達した――。
2017/02/23 Thu. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit