09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(3/6)「気づかなかったメッセンジャー」の巻 

朝から強烈な自己嫌悪に襲われている。
いつも誰かに文句を言ったり、他人を責めたりしていたことが、すべてそのまま自分に跳ね返ってきた。
誰よりも最低だったのは、自分自身だった……。

今日は休み。
朝からやることが多い。
俺の「やるべきことリスト」は日々更新され続け、決して「白紙」になることはない。

そんな中、何気なくスマホを手に取った。
メッセンジャーの通知アイコンが表示されていたので開いてみた。
新しいメッセージがあれば、すべてここに表示されることは知っている。

指がたまたま触れて「メッセージリクエスト」という項目を押してしまった。
そこには「フィルタ結果」という見慣れぬ項目があった。
それが何を意味するものなのかよく分からなかったが、気になったのでそのままタップしてみた。
するとそこに現れたのは――。

今まで見たこともないメッセージたち……。

これはいったい何だろう……。
なぜこんな場所に……。
頭の中に疑問符が渦巻いた。

しかしすぐに想像はついた。
メッセンジャー内の「自動フィルター」機能が働き、通常のメッセージボックスに振り分けられなかったメッセージたちなのだと。
何かしらの理由で「フィルター」内に「振り分けられて」しまっていたのだろう。

誰かからメッセージが届けば、Facebookで「友達」になっていなくても、自動的に「新しいメッセージ」として表示されると、何の疑いも持たず信じ続けていた。
そんな当たり前だと思っていた「常識」が突然崩れ去った。
全身から音を立てて血の気が引いた。

結局、俺が見過ごしていたメッセージは、合計20名近い人数にのぼった。
そのほとんどが「ブログ読者」の方々だった。
いちばん古いメッセージは、2013年5月。
もう4年も前だ……。

なんてことだ……。
これほど多くの方からメッセージをいただきながら、何年も放置してしまっていたのだ。
メッセージをくれた相手からしたら、俺が「無視」していたと思われても仕方ない。

今日の「やるべきことリスト」などは、もうすべて後回しにした。
いま俺が最優先でやるべきことはただひとつ。
今さらかもしれないが、メッセージをくれていたすべての方に、お詫びの返信をすることだ。

そして今、約2時間ほどかけて「見過ごされていたメッセージ」に対して、ひととおりの返信が終わった。
せっかくメッセージをくれた方に対して、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
知らなかったこととはいえ、非はメッセンジャーの機能を理解していなかった自分にある。

この場を借りて、あらためてお詫びいたします。
せっかくご連絡をいただいていたにもかかわらず、長期間、返信できずに申し訳ありませんでした――。

HARU
2017/03/06 Mon. 12:00 | trackback: -- | comment: -- | edit