06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(3/10)「チケット購入」の巻 

3日前――。
夏の予定は完全に白紙だった。

2日前――。
宮古島へ行くことを決断した。

今日――。
宮古島行きの航空券を購入した。

今までは宮古島行きを決めても、チケット購入まではかなりの時間を要していた。
旅に出るにはさまざまな問題を解決しなければならず、それらの調整をつけるために時間がかかっていたのだ。
しかし今回は今までとは違う。

まったく後先(あとさき)を考えずに行動した。
仕事の休みの許可はもらっていないし、何の確証もないままにチケットを購入したのだ。
いつも計画的で慎重な俺にしては、まさしく異例の行動といえる。

だがたまにはそれもいいと思う。
出発日と帰着日を強制的に決めてしまえば、否が応でもそれを実現できるように行動していくはずだ。
いわば「背水の陣」に自らを追い込んだ形である。

本当に「その日」に宮古島に行けるかどうかはわからない。
だが「楽園行き」のチケットを無駄にしないためにも、最大限の努力をしていく。
やれることはすべてやっていく。

ほぼ週6勤務で働き続け、身も心もボロボロだが「その日」が決まっていれば頑張れる。
昨日までは「ゴールの見えないマラソン」を走っていたが、明日からは違う。
「その日」という確固たるゴールに向かって走るのだ。

7月11日――。

「その日」まで、あと123日――。
2017/03/10 Fri. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit