10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(4/9)「MDF2017! ~買い物編~」の巻 

20170408 kaimono (2)
「MDF」にはいくつもの楽しみがあるが、そのひとつが「買い物」である。
型落ち商品や在庫過多の商品などが破格で販売されたりするのだ。
だから「mic21(エムアイシー21)」と「AQROS(アクロス)」(ダイビングショップ大手2社)の販売コーナー前は常にこの混雑ぶりだ。

20170408 kaimono (6)
ラッシュガードが欲しかったので、いろいろと物色していた。
なかなかいい掘り出し物を見つけた。
サーフィンブランドの「QUIKSILVER(クイックシルバー)」の型落ちのラッシュが定価の約半額になっていた。
これは間違いなく「買い」だ。

問題は「色」をどうするかだ。
色は数色あったが、シンプルに「白」にすることにした。
早速レジに向かう。

その刹那――、事件は起きた。

ショップのスタッフがメガホンを口に押し当て、禁断の「決めゼリフ」を絶叫した。

「ただ今よりタイムセールを開始しまーす!
ROXY(ロキシー)、QUIKSILVERの商品がどれでも全品800円!!
どれでも全品800え~~~ん!!」

なにぃーーーーーーーーーーーッ!!!!
全品800円ですと?!
マジかよ?!ラッシュガードも全部?!

俺と同じ疑問を抱いた近くの客が目をギラつかせて、スタッフに興奮気味に再確認する。
「ラ、ラッシュガードも全部800円になるんですか?」
「はい!ラッシュガードもラッシュパーカーもサーフパンツなども、ぜ~~~んぶ800円になります!」

それを聞いた周りの客たちが一斉にどよめく。
俺も背骨が折れるくらいのけぞり、思い切りどよめいた。
普段の生活において「どよめく」ことなど早々あるものではない。

かくして狭い売場を舞台とした、壮絶なタイムセール戦争がはじまったのだった――。

20170408 kaimono (1)
とにかく片っ端からラッシュガード、ラッシュパーカー、サーフパンツなどを物色、いや、漁りまくる。
「全品800円」という誘惑は、今まで静かに買い物を楽しんでいた客たちを瞬時に暴徒化させた。
「タイムセール」は、もはや小規模なテロである。

だが俺はあくまでも冷静さを保とうとした。
「タイムセール」などという子供だましの作戦に簡単に乗せられてたまるものか――。
俺にそんな姑息な手は通用しないぜ、あくまでも必要なものだけを買うんだ――。

と言いつつ、すでに俺の手には4枚のラッシュガードが確保されていた。
(おいおい、すっかりタイムセールに乗せられているんじゃないのかい?)

おっと、勘違いしてもらっちゃ困る――。
4枚持っているからといって、すべて買うわけじゃない――。
この中から厳選し「買うべき」1枚を決めるだけさ――。

すでにラッシュガードは数枚所有しているし、あんな薄い生地のシャツが必要以上にあっても意味がない。
そのことを十分に理解しているので、安いからといって決して無駄に買ったりはしない。
揺るぎない絶対的な信念。
俺の意思は鋼(はがね)のように固いのだ。

20170408 kaimono (5)
結局――。
1枚あれば十分だったラッシュガードを「タイムセール」に乗せられて、6枚も買っちまった。
しかもすべて同じブランド……。

何やってんだ、俺!!
こんなに買っちゃって、一体いつ着るんだよ!!
6枚なんて、絶対にいらねえだろ!!

あぁ……、ラッシュガードを6枚も買ってしまうなんて……。
「タイムセール」さえなければ「2700円」のラッシュガード1枚だけしか買うつもりはなかったのに……。
「4800円分(800円×6枚)」も買ってしまった。

怖ぇ……、タイムセール……。

20170408 kaimono (4)
しかし俺の痛恨のミスはそれだけでは終わらない。
すでにダイビンググローブは4セット持っているのだが、安かったので、ついついまた買ってしまったのだ。
「千手観音」でもないかぎり、絶対に使いきれねぇ!!
マジで何やってくれてんの、俺!!

だが俺の暴走も、ついにここで終止符が打たれた。
自ら反省したためではない。
会場がクローズする時間になったためである。

このままセール会場にいたら、どうなっていたことやら……。
さらにラッシュガードを買っていたかもしれない……、そう思うとゾッとする。
俺の冷静な判断をも狂わせてしまう「マリンダイビングフェス」――、まさに魔物である。

20170408 kaimono (3)
会場を出た俺は、大型のサーフィン系スポーツショップへ行った。
「Hurley(ハーレー)」というブランドのラッシュパーカーを買うためである。
またラッシュかよ!!――、全国からそんな声が聞こえてきそうだ。

20170408 kaimono (7)
だがこれは衝動買いではなく、もともと買おうと思っていたもの。
「Hurley」の商品は価格が高めなので、なかなか買えずにいたのだが、今年は思い切って買うことにしたのだ。
これも「ラッシュガード」と同じ速乾性素材なので、マリンアクティビティーにはピッタリのアイテムだ。

というわけで、俺の部屋には「薄い服」ばかりが大量にある。
冬服のバリエーションはほとんどないのに……。
今後数年、いや、俺が生きている間は、ラッシュガードはもう絶対に買うまい――。

(宮古島まで、あと88日――。)
2017/04/09 Sun. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit