04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(5/9)「生きてく強さ」の巻 

1日の大半を「目」のことばかり考えて過ごしている。
こういう結果を招いてしまった自身の軽率な行動を後悔し、そのことで自分を責め続けている。
いくら考えたところで「治る」わけでも、「解決」するわけでも、「過去に戻れる」わけでもないのに、現実を受け入れられない心が闇を彷徨っている。

怪我や傷ならいつかは治るだろう。
心に負った傷だって、いつかは時間が解決してくれるに違いない。
だが俺の右目が治る日は、もう永遠に来ない。

それでも、記憶が薄れるとともに忘れることができればまだマシだ。
だが、いくら忘れようと努力しても、毎朝、鏡を見るたびにデフォルト(初期値)に戻される。
朝が訪れるたび、醜い目を目の当たりにし、過去を悔み、自分を責め、未来を嘆くのだ。

時間があればネットで検索をする。
<目><血管><原因><治療><改善>……、そんなキーワードを検索ボックスに入れては、仮想空間の信憑性のあいまいな情報に翻弄(ほんろう)される日々。
やがてキーワードは<絶望><辛い><死>……、そんなネガティブなものに変わる。

先日、前向きに生きると決めたばかりなのに、あの日の気力はもう欠片も残っていない。
人は弱い生き物だ。
だからこそ一人では生きられない。

これまでの人生、あらゆる病気や怪我、困難や絶望を乗り越えてきた。
だが今回だけはダメだ。
完全なる絶望、乗り越える足がかりさえない。

この先の貴重な1日1日を「目」のことばかり思い悩んで生きていくということは、それは死んでいるに等しい――。
2017/05/09 Tue. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit