06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(7/5)「答えはすぐそこに」の巻 

いよいよだ。
今日のブログを更新したら、パソコンをバッグに詰め込む。
宮古島出発への準備はそれですべて完了だ。

多少の余裕をもってスケジュールを組んでいたのだが、結局ギリギリになってしまった。
それでも例年と比べれば、雲泥の差がある。
今まではブログを更新する余裕などほとんどなかった。

自分自身でもまったく想像がつかなかったが、今の心境は思っていたよりもポジティブだ。
それは、できる準備はすべてした――、という満足感のようなものから生まれたのかもしれない。
少なくとも昨日までの、こんな「目」で宮古島に行っても仕方ない――、というネガティブな感情は薄れた。

もうここまで来たからには、とことん夏の宮古島を楽しもうと思う。
こうやって宮古島に長期で遊びに行けるのも今年が最後かもしれない。
悔いのないように、自分ができる範囲内で全力を尽くして楽しもうと思う。

思えばこの約90日間、俺の人生は完全に「死んで」いた。
毎日、目の事ばかりを考えて、宮古島のことを考える余裕などなかった。
人生の貴重な時間を本当に無駄にしたと思う。

どこまでできるかわからないが、その「死んでいた90日間」を取り戻そうじゃないか。
カラダは健康でも、さまざまな事情で宮古島に行けない人だってたくさんいる。
そんな人たちに対して「目の血管が浮き出てたから、宮古島に行っても全然楽しめなかった」なんて言えるわけがない。

宮古島に行きたくても行けない人のためにも、そして自分自身のためにも、俺は今まで通り、いや、今まで以上に宮古島を全力で楽しんでくる。

「目」のハンデなんかに負けてたまるものか。
もっと辛く、苦しい思いをしている人は世界にはたくさんいるんだ。
せっかくの宮古島ライフを台無しにはしない。

昨年までと同じようにはできなくても、やれることは精一杯やってやる。
鏡で、この「目」を見たら、また弱気が顔を出すかもしれない。
だがどこまでもクリアーなミヤコブルーの世界を見るのも、同じこの「目」だ。

夏の太陽の下、ミヤコブルーの海にプカプカ浮かんで青空を見上げたら、どんな気持ちがするだろう。
この「目」のことを、どう考えるのだろう。
その答えはもうすぐわかる。

明日いよいよ、宮古島へ出発する――。
2017/07/05 Wed. 23:00 | trackback: -- | comment: -- | edit