06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(7/8)「油膜落としでカッサカサ」の巻 

20170708 morning (2)
目覚ましをかけ忘れた。
窓の隙間から差し込む光で目覚めた。
午前8時すぎだった。

外に洗濯物を干しに行く。
今日もいい天気。
だが予報によると今日も南風が吹いているようだ。

20170708 morning (1)
すぐには出発できない。
まだ宮古島に来たばかりなので、いろいろと準備がある。
実際に来てみてからわかった問題点などを改善しなければならない。

まず絶対にやらなければならないのが「マスクの油膜取り」である。
これをやらないと、水中ですぐにマスクが曇ってしまう。
この作業は本日の必須項目になる。

念には念を入れて油膜を取った。
中性洗剤、石鹸、歯磨き粉、洗顔フォーム(つぶつぶタイプ)、シャンプー……。
これでもか!というくらいにレンズを磨きまくった。

もしこれでもまだ曇るようであれば……。
またこの作業を繰り返すだけである。
水中でクリアーな視界が確保できないとストレスになるので、ここはしっかりやらないと。

余談になるが、油膜落としをやりすぎたせいで指先はカッサカサである。

そんなこんなで、もう11時になってしまった。
そろそろ出発するか――。

今日はどこへ行こうか。
南風だから……、あそこかな……。
クマノミとサンゴの状況も確認したいし……。

それでは行ってきます!
2017/07/08 Sat. 11:00 | trackback: -- | comment: -- | edit