07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(7/11)「グッバイ・K子」の巻 

20170711 goodbye kanako
昼食後、K子を宮古空港まで送った。
そう、実はK子は今日、名古屋へ帰ってしまうのだ。
K子は今回、4泊ほどで宮古島にきていたのだが、会うのは今日が初めてだった。

だが最後に一緒にシュノーケリングができて、いい思い出ができた。
K子が帰ってしまうのは寂しいが、またそのうち会えると思う。
だから笑顔で見送った。

ありがとうK子。
俺が今回こうして宮古島に来れたのも、東京でK子と会ったことが大きく影響している。
いつもポジティブに何でも笑い飛ばしてしまうK子は、俺の人生でなくてはならない存在になっている。

また会おう――。
2017/07/11 Tue. 14:00 | trackback: -- | comment: -- | edit