06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(7/17)「キャベツ畑」の巻 

20170717 scream (3)
今回、宮古島に来てから初めての曇天。
南の海は昨日に引き続き、沖からウネリが入ってきていた。
だがどうしても今日はここ、通称「スクリーム」に潜りたかった。

20170717 scream (2)
天候が荒れそうな気配もあったので、器材はオレンジ色で揃えた。
これは安全面を考慮してのことである。
海の中では「オレンジ色」は非常に目立つ色なのだ。

実際にエントリーしてみると、到底「スクリーム」までは行けそうもないコンディションだった。
仕方なく「スクリーム」手前をシュノーケリングすることにした。
すると、いきなりものすごい光景が目に飛び込んできた。

20170717 scream (1)
見事なキャベツサンゴの花畑だ。
これは本当に美しかった。
波にもまれながらも夢中でシャッターを切った。

20170717 scream (4)
昨日のエダサンゴに引き続き、2日連続でのサンゴとの遭遇。
「スクリーム」は地形を楽しむポイントなのだが、逆にそこに行けなかったことが俺に幸運をもたらした。
ここは晴れている日にもう一度必ず訪れよう。

だいぶ波も激しくなってきたので、ビーチに戻ることにした。
その帰り道、事件は起きたのだった。

――つづく――
2017/07/17 Mon. 22:00 | trackback: -- | comment: -- | edit