07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(7/19)「そのポイントの名はオメガ」の巻 

20170719 omega (2)
ここは昨年見つけてあったニューポイント・通称「オメガ」。
釣り人が開拓したケモノ道を通り、ちょっとした断崖を降りていった場所にある。
外観がダイナミックな地形だけに、水中の期待度も高い。

20170719 omega (1)

極端に狭まった入江先端が常時、複雑で強い波を引き起こし、昨年は一度もエントリーできるチャンスがなかった。
俺にとっては「難攻不落ポイント」の代表的なひとつだ。
今日は「ひと夏に一度あるかどうか」というくらいのベタナギだったので、ここへ来てみた。

だが「オメガ」は、シュノーケラーの立ち入りを拒むかのように、荒い波が打ちつけていた。
画像では一見穏やかそうに見えるかもしれないが、いざエントリーしてみると、波の破壊力は凄まじいものがあった。
鋭角な磯場にカラダを叩きつけられそうになる。

わずかに見えた水中には底が見えない深い「穴」が確認できた。
やはりこの「オメガ」は、潜る価値が十分にあるようだ。
しかし今回は残念ながら、わずか10分足らずで撤収する決断をした。

また再チャレンジしよう――。
2017/07/19 Wed. 16:00 | trackback: -- | comment: -- | edit