07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(7/22)「宮古島海洋資源調査隊(その3)」の巻 

7/7 JK
(アオウミガメ)

7/8 池間・ブルーラグーン
「クマノミマンション」は崩壊していた

7/9 南海岸沖(ボートシュノーケリング)

7/10 SBG(左サイド)
見るべきものは特に見当たらなかった

7/11(1st)ナポレオン(正面)
まだまだ調査が必要
特に左奥に興味あり

7/11(2nd)来間ドロップ(左サイド)

7/12 Kビーチ(正面~右サイド)
(巨大カメ、サザエ、ホラガイ)
今後、右奥を調査したい

7/13 ラビリンス
(マダラトビエイの編隊、ネムリブカ、アオウミガメ アオリイカ)
まだまだ調査の必要あり

7/14 ピーゼット
(アカマツカサ、ナポレオンフィッシュ、ゴマモンガラ)
ほぼ全体像を確認

7/15 ブループラネット
(地形、水路、巨石群)
まだ詳しい調査が必要

7/16(1st)JK(時間調整のためのシュノーケリング)
(アオウミガメ)
今後も時間調整、器材チェック、自身のコンディションチェックとして使っていく

7/16(2nd)Aロープ
(アオウミガメ、エダサンゴ、チョウチョウウオ)
水濁り気味、水温低め
水路方面ギリギリまで行きたいが危険度高い
海況が穏やかな日にどこまで行けるか

7/17(1st)スクリーム手前
(キャベツサンゴ、タコ)
ラビリンスまで出れない日に再調査

7/17(2nd)比嘉
(エダサンゴ、カクレクマノミ)
要追加調査

7/18(1st)タコ下ドロップ
(ネムリブカ、ハマサンゴ)
やや波あり
巨大岩下方のオーバーハング下に深い横穴確認
次回はライト持参で調査予定

7/18(2nd)吉野海岸
(カスミアジ、エビ)
調査完了

7/19(1st)シンビジ
(この日のコメントは差し控えさせていただきます)
もう今後は行く予定はなし

7/19(2nd)オメガ
(エントリーするも、波荒くすぐに撤収)
磯場の真下に深い縦穴確認
コンディション整い次第再アタック

7/19(3rd)AGK(ナイトシュノーケリング)
(ブダイ、アーガイ、アナゴ、アイゴ、その他多数確認)
水温高くウェットのみでも大丈夫
黒の防水ライトは1時間でバッテリー切れ

7/20 大神島(11:00~17:00)
(イラブチャー、サンゴ)
水温は全体的にかなり高い(32~33℃前後)
北東側のアウトリーフの確認が必要

7/21(1st)池間ドロップ(14:00~16:00)
(セジロクマノミ、地形、タカラガイ)
「サンゴの森」は完全消滅(完全死滅)

7/21(2nd)池間ブロック(17:00~17:30)
(イトヒキアジ、デバスズメダイ)やや波あり
水濁り、サンゴ減、魚の数変化なし

7/22 本日(ポイント未定)
2017/07/22 Sat. 08:30 | trackback: -- | comment: -- | edit